院長の休日

バイキングの食べ方

 今回の旅行は、
 一泊2食付でした。
 夕食も朝食も、 
 バイキングを選びました。
 遅い時間帯を選んだため、
 団体さんはいませんでした。
 ゆっくり食べたいので、
 団体客がいない時間帯を選びます。
      ■         ■
 夕食も朝食も、
 家族連れが目立ちました。
 小学校入学前の小さな子どもさんや、
 小学生くらいの子どもさんがいました。
 日本人の子も…
 中国人?の子も…
 お行儀よく食べていました。
      ■         ■
 バイキングの食べ方を見ると、
 そこの家族がわかります。
 国籍を問わず…
 お皿にてんこ盛りにする家族は、
 例外なく標準体重を超えています。
 おじいちゃんも、
 息子さんも、
 お孫さんも同じように皿に取っています。
      ■         ■
 スマートな家族は、
 少量ずつ取って、
 残さずにキレイに食べています。
 お父さんも、
 お母さんも、
 子どもさんも、
 標準体重以下です。
 理知的に見えます。
      ■         ■
 昔、本間家にとって…
 ホテルのバイキングは、
 北大形成外科の新年家族会で食べられる、
 年に一度のご馳走でした。
 偉い先生がたくさんいらしたので、
 お行儀よく、
 少しずつ食べることを教えた気がします。
 それでも…
 うちの子はガツガツ食べていました。
      ■         ■
 私たちの年代になると、
 危険なのが食べ過ぎです。
 美味しいからと、
 つい食べ過ぎてしまいます。
 食べ過ぎると調子が悪くなります。
 私は、
 できるだけ少量を取るようにしています。
 東京のホテルの朝食でも、
 スマートな外国人の食事を見て、
 考えながら食べるようにしています。
 それでも休日で体重が少し増えました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ