医学講座

美容外科へ行く時のお化粧

 服装の次はお化粧です。
 美容外科を、
 上手にご利用なさっていらっしゃる、
 お客様は、
 みなさん薄化粧です。
 厚化粧をしなくても、
 美しいから…?
 というのも一つの理由のようです。
      ■         ■
 レーザーフェイシャルなどは、
 施術前にお化粧を落としていただきます。
 薄くお化粧をなさっているだけですと、
 簡単に落とせます。
 手術部位の診察でも、
 傷の具合を診るには、
 ファンデーションがついていると
 診れません。
      ■         ■
 私が一番困るのが、
 眼瞼下垂症の診断の時に、
 まつ毛パーマや、
 まつ毛エクステがついている方です。
 眼瞼下垂症では、
 まつ毛が下を向いています。
 そのままだと視界の邪魔です。
 ビューラーで上げても、
 すぐに下向きになります。
      ■         ■
 まつ毛パーマをしたい気持ちもわかります。
 エクステをつけている理由もわかります。
 でも、
 簡単に取れない、
 パーマやエクステがついていると、
 正確な診断ができません。
 せっかくいらしていただいても…
 取ってからまたいらしてください
 …となります。
 若い方に多いです。
      ■         ■
 同じく眼瞼下垂症の診断の妨げ(さまたげ)になるのが、
 カラーコンタクトです。
 カラコンに注意という、
 2007年10月30日の院長日記に書いてあります。
 半分しか見えない黒目を…
 大きく見せるためにカラコンをします。
 カラコンをした状態では、
 瞳孔(どうこう)の位置が正確にわかりません。
      ■         ■
 付けまつ毛、
 アイプチ、
 カラコン、
 …で別人のようにメイクされた、
 若い女性が来院されると、
 診察前に落としていただきます。
 通販で買ったカラコンで、
 目に炎症を起こしていることもあります。
 美容外科へ行く時は、
 薄化粧でいらしてください。
 おじさん先生からのお願いです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ