医学講座

医療訴訟を防ぐには

 医療事故を防ぐにはという院長日記を、
 2010年9月3日
 2010年9月4日
 2010年9月5日
 2010年9月6日
 2010年9月7日
 2010年9月8日
 ①~⑥回まで書いています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科HP内の検索ができます。
 【医療事故】⇒【検索】とクリックします。
 PCですと右上、
 携帯は下の方に【検索】があります。
 たくさんの【医療事故】について書いた、
 院長日記が出てきます。
 医学生や研修医の先生には、
 ぜひ読んでいただきたいです。
      ■         ■
 今日のテーマは、
 不幸にして医療事故を起こしてしまった時、
 どうしたら訴訟にならずに済むかです。
 私にも正解はわかりません。
 30年の経験から言えることは、
 交通事故を起こした時と同じです。
 まず患者さんを助けることです。
      ■         ■
 ちょっとしたミスから、
 重大な事故になることもあります。
 最悪は死亡事故とか高度障害です。
 私の経験です。
 ①自分だけで何とかしようと思わない。
 ②できる人に助けを求める。
 ③無理だと思ったら自分ではしない。
      ■         ■
 困った!
 どうしよう?
 …と思ったら、
 隠してはいけません
 できる人に相談することです。
 ふだんからできる人と仲良くしておくことです。
      ■         ■
 患者さんに起こしてしまった事故を、
 とにかく悪化させないようにすること。
 できるだけ早く相談することです。
 医療に関しては、
 とにかくできる人に相談して、
 後遺障害などをできるだけ少なくすることです。
      ■         ■
 最悪、患者さんが亡くなってしまったような時は、
 迷わず…
 弁護士さんに相談することをおすすめします。
 自分一人で対処することは無理です。
 訴訟になるか、
 和解で済むかで、
 医療者側の負担も大きく変わります。
 特に精神的な負担が違います。
      ■         ■
 どの弁護士さんに相談するかで、
 医者も患者も運命が変わります。
 医師会の顧問弁護士だから、
 病院の顧問弁護士だから、
 最高とも限りません。
 弁護士さんを選ぶのも大変です。
 困った時に誰に相談するかが、
 一番大切だと思います。
 相談する人がいなければ私にメールしてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ