昔の記憶

衆議院議員選挙投票日2012

 平成24年12月16日、朝日新聞、天声人語です。
 大波のような毀誉褒貶(きよほうへん)の落差が、田中角栄元首相ほど激しい政治家もまれだ。金権政治の元凶のように見られながら、本紙別刷り「be」による戦後首相の人気投票では吉田茂を抑えて1位になった。その人の、きょうは命日だという。
 ▼先輩記者の著書によれば、あのだみ声で、よくこういう演説をしたそうだ。「政治はね、生活なんです。昨日より今日、今日より明日の生活が良くならなくちゃね。月給が倍増、3倍増、10倍増になったでしょ」。いい時代だった。
 ▼それから幾年月、この国はどんより雲に覆われ、政治の仕事は「富の分配」から「我慢の分配」に変わった。内外の難しい舵取(かじと)りを、どの政党、どの人物にゆだねるか。決めあぐねたまま投票日、という人も多いようだ。
 ▼思えば、東西冷戦や高度経済成長の時代は分かりやすかった。無関心でも政治はそこそこやってくれた。そうした「お任せ民主主義」からの覚醒を迫られる中で、迷いは募る。一票の意味はかつてなく複雑、かつ多様だ。
 ▼一昨日の紙面に、大学生が選んだ今年の漢字は「乱」という記事があった。政治は混乱し、政党は乱立。そして、次の政権に期待する漢字の1位には「信」がきた。乱から信へ。たとえ消去法でも腐らずに権利を行使したい。
 ▼あきらめと冷笑は何も生まない。「悪い政治家をワシントンへ送るのは、投票しない善良な市民たちだ」とある米国人が言った。永田町もおなじこと。明日をもっと悪くしないためにも、鉛筆に力をこめて。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 毀誉褒貶(きよほうへん)を調べてみました。
 人をほめたり、悪口を言ったりすること。また、ほめられたり、けなされたりする様々な世間の評判を表す。
 「誉」「褒」は「ほめる」、「毀」「貶」は「けなす」を表す漢字である。
 「毀誉褒貶相半ばする人物」
 きよほうへん あいなかばするじんぶつ
 良い評判と悪い評判が半分半分位あって評価の分かれる人物
 良く言う人もいれば、悪く言う人もいるような人物
 私のことか…?と思いました。
 良く言われることもその反対もあります。 
     ■         ■
 内閣総理大臣
 …という2008年5月27日の院長日記に書きました。
 私は今でも田中角栄さんが好きです。
 私が札幌西高校の生徒だった時に、
 田中角栄さんが内閣総理大臣になりました。
 ‘コンピューター付きブルドーザー’とか
 ‘よっしゃよっしゃ’とか
 ‘小学校しか出ていない総理大臣’とか
 ‘田中のカナ振り英語’とか
 いろいろ言われた内閣総理大臣でした。
      ■         ■
 天声人語に書かれてあったように…
 この国はどんより雲に覆われ、
 政治の仕事は「富の分配」から「我慢の分配」に変わった。
 内外の難しい舵取(かじと)りを、
 どの政党、
 どの人物にゆだねるか。
 決めあぐねたまま投票日、という人も多いようだ。
      ■         ■
 私も決めあぐねたまま投票日の一人です。
 うちの奥さんは…
 一度、放り投げた人は嫌だと言っています
 報道によると…
 次の内閣総理大臣は、
 私と同じ昭和29年9月生まれの、
 元内閣総理大臣のおじさんになりそうです。
      ■         ■
 このおじさん…
 2007年には潰瘍性大腸炎の悪化で…
 途中降板されました。 
 ネットで検索すると…
 安倍氏は2年前から、
 平成21年12月に発売された「ゼリア新薬工業」の新薬「アサコール」を常備薬としている。
 …と書かれていました。
      ■         ■
 最近の安倍さんを見ると…
 潰瘍性大腸炎の悪化はないと思います。
 1日に30回トイレに行ってまだおなかが痛い
 …という状態からは回復されていると思います。
 私と同年代で…
 一度降板された方ですが、
 それだけ弱者の痛みもわかると思います。
 ちょっと不安もありますが…
 私は自分と同年代のおじさんに一票を入れます。
 公約を守って日本を取り戻してください

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ