院長の休日

「ありがとう」の魔法

 平成25年4月16日、朝日新聞朝刊、
 ひとときへの投稿です。
 「ありがとう」の魔法
 夫が米寿を迎えた。寡黙で物静かで優しい夫であるが、物忘れが始まって3年になる。今は人が変わったようにわがままで頑固になり、自己中心的になった。
 そんな夫がひ孫の名前だけは覚えたのが不思議だ。
 私は前々から夫に一つ不満があった。結婚してから「そうだな」と同調したり、「ありがとう」を言ってもらったりしたことがない。簡単な同意やお礼を言うことが男の沽券(こけん)にかかわるとでも思っているのだろうか。「心で思っている」で、全て片付けられていた。私は言葉で表してほしいと願っていたが、今になってはこの思いもかなえられないと半ば諦めていた。
 ところがひ孫が2歳になり、たどたどしいがおしゃべりができるようになった。夫はそんなひ孫にメロメロである。「じいじ」と呼ばれると相好を崩してひ孫を独り占めする。おもちゃを持ってきただけで、「じいじにくれるのか。ありがとう。ありがとう」と連発している。
 すると最近、夫が「ありがとう」を照れながらも言うようになった。私は長年の留飲を下げることができた。「ありがとう」は短くて、美しい魔法のような言葉だと思う。
 (東京都世田谷区 沢田八重子 主婦 79歳)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 う~ん…
 ありがとうを家で言うのは難しいですね。
 私もなるべく心がけているつもりですが…
 無口でもくもくとご飯を食べて…
 食べ終わっても…
 なかなかありがとうは言いません。
      ■         ■
 逆に私も…
 『お給料振り込まれていたゎ。』
 『今月も働いてくれて♡』
 『♡ありがとう♡』
 …なんて…
 言われたことはありません
      ■         ■
 ニトリ寄附講座に書いた…
 ニトリの似鳥昭雄社長は…
 社員や奥様にありがとうを声に出して言われるそうです。
 京セラの稲盛和夫さんも、
 「ありがとう」で変わる
 …と言われています。
 ありがとうはいい言葉です。
      ■         ■
 2歳のひ孫さんは…
 とても可愛いと思います。
 生きる喜びになります。
 私たちの国ニッポンが…
 安心して子どもが産める国
 無理なく子育てができる国
 ありがとうがたくさんある国になると…
 理想的な世の中になると思います。
 東京都世田谷区の沢田八重子様、
 朝からいいお話しをありがとうございました

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ