医学講座

【値下】わき汗ボトックス【値下】

 4月から消費税が上がって、
 何でも高くなった気がします。
 購買意欲が低下します。
 ひとつだけ朗報があります。
 わき汗ボトックスの料金が下がりました。
 私が身銭を切って下げたのではありません。
 国が決めた薬価のためです。
      ■         ■
 保険診療の料金は、
 原則として日本中どこでも同じです。
 厚生労働省が決める、
 診療報酬(しんりょうほうしゅう)と
 薬価(やっか)で決まります。
 世界一ボトックスが高い国にっぽんですが
 その価格が少し下がりました。
      ■         ■
 健康保険で使える薬は、
 日本の厚生労働省が認可した薬だけです。
 ワキ汗ボトックスの薬は、
 グラクソ・スミスクラインという会社が販売しています。
 ボトックス注射用100単位という商品名です。
 この薬の薬価が92,249円でした。
 4月からは87,536円になりました。
 単純に計算して4,713円安くなりました。
      ■         ■
 3割負担の方の自己負担分は、
 1,414円安くなる計算です。
 実際には初診料の改定もあったため、
 4月に受診なさった方を見ると…
 昨年より1,360円安くなっていました
 値上げ値上げの世の中で、
 1,360円でも安くなるのはありがたいことです。
      ■         ■
 私に言わせると、
 これでもまだ高いです。
 世界一ボトックスが高い国にっぽんは、
 まだまだボトックスの薬価を引き下げられます。
 世界標準の2倍以上します。
 厚生労働省のお役人には、
 もっと勉強して欲しいです。
 健保の赤字を減らす方法は、
 まだまだあります。
 霞ヶ関から外に出て、
 現場のお医者さんの意見を聞くべきです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ