医学講座

良いものを安く2014

 良いものを安く
 …という2007年7月21日の院長日記があります。
 私が札幌美容形成外科を開業する時に考えたことです。
 2005年から北海学園大学で、
 ニトリ寄附講座を聴講させていただき
 その思いを強くしました。
      ■         ■
 私が開業する時に、
 できるだけ多くの人に安心して手術を受けていただきたいと考えました。
 美容整形というと、
 いかにも高くて高級そうで手が出ないと思いがちです。
 東京では、安売り店と高級店に二分化され、
 倒産する美容外科も多いと聞いています。
 数年前に韓国へ行った時も、
 廃業したり身売りする美容外科が多いと聞きました。
      ■         ■
 私はもともと形成外科医だったので、
 総合病院の形成外科で長らく診療を担当しました。
 夏休み前になると、
 ワキガ手術をしていますか?というお問い合わせをたくさんいただきました。
 総合病院の形成外科では、
 だいたい一週間の入院治療が標準でした。
 朝8:30から外来診療をはじめても、
 終わるのは早くて午後1:00、
 遅いと午後3:00まで外来です。
 それでも、2時間待ちの3分診療なんてよく言われました。
 そんな混雑している外来で、
 わきが手術なんて到底できませんでした
      ■         ■
 私がワキガ
 眼瞼下垂
 陥没乳頭は保険診療と看板に書いているのは、
 それだけ需要が多いからです。
 美容整形というと、
 二重や脂肪吸引が多いと思いがちですが、
 隠れたベストセラーがワキガです。
 患者様は、
 30分でできるワキガ手術という広告を信じて受診します。
 早い、簡単、通院不要という言葉を入れるとお客様が増えます。
 実際はそんな手術でワキガは治りません
 わきが手術は大変です
      ■         ■
 私ができることは、
 現在の保険制度を使って最大限にキレイに仕上げる手術です。
 保険でも保険外でも使う糸は一緒です。
 手術をする医師も同じです。
 現在の医療保険制度がいつまで続くかはわかりませんが、
 高い保険料を苦労して払っているのです、
 それを利用しようではありませんか!

      ■         ■
 北海道は不景気です。
 アベノミクス効果も感じられません。
 不景気の北海道で成功するビジネスモデルは、
 全国どこに行っても通用するという鉄則があるそうです。
 札幌美容形成外科が全国展開する予定はありませんが、
 私が開業してから変わったことがあります。
      ■         ■
 保険診療で眼瞼下垂症手術をしたり、
 わきが手術をする形成外科開業医が増えました。
 残念なことですが、
 いい加減な手術もあります。
 保険診療だからといって安心はできません。
 先生の考えも技術も違います。
 卒後3年目の先生がしても、
 経験35年の私がしても同じ料金です。
 良いものを見つける目が必要です。
 良い先生を見つける目も必要です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ