医学講座

頼りになるガラケー

 医師は常に病院や患者さんから
 連絡を受ける立場です。
 私が医師になった35年前は…
 ポケベルと呼ばれる小型のブザーでした。
 若い人に言ってもわからないと思います。
 ポケベル持ちとか…
 ポケベル当番というのがありました。
      ■         ■
 夜間や休日でも…
 ポケベルが鳴ったら…
 病院へ電話しなくてはなりません。
 ある先生が…
 (愛人と)旅行中に鳴った
 …なんてうわさもありました。
 携帯電話が無い時代でした。
      ■         ■
 医師と労基法
 …という2007年5月12日の院長日記があります。
 私は医師になってから25年間以上、勤務医をしていました。医師は急変に備えて、一年365日24時間待期しています。昔はポケットベルでした。休日に買い物をしている時も常に携帯していました。ポケベルが鳴ると、『あぁ、昨日手術したあの患者さんかなぁ…?』なんて考えながら公衆電話を探して電話したものです。
      ■         ■
 時代は進歩して…
 携帯からスマホの時代になりました。
 iPhoneが故障して
 頼りになったのが、
 docomoのFOMAでした。
 まだ解約せずに持っています。
 こわれません
 電池は長持ちします
 どこでも通じます
      ■         ■
 考えてみると…
 iPhoneは中国で製造された精密機器。
 昔のPCよりはるかに高性能です。
 その分こわれやすいのかも?です。
 ガラケーはmade in JAPAN
 こわれにくいし、
 頼りになります。
 FOMAが廃止されるまで持ち続けます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ