院長の休日

伊藤氏邸マンション容認

 平成26年5月9日、北海道新聞朝刊の記事です。
 伊藤氏邸マンション容認
 札幌市方針緑地保全義務付け
 札幌市中央区北5西8の伊藤義郎・伊藤組土建(札幌)名誉会長邸の敷地に高層マンションを建てる計画について、札幌市が認める方針であることが8日、分かった。JR札幌駅に近い敷地には貴重な緑地が残されており、自然保護団体から開発への懸念が根強いため、伊藤氏側に対し、緑地部分の保全を義務付ける。市は15日の市都市計画審議会で、建築物の高さ制限を緩和する素案を提示する。
 伊藤氏邸は北大植物園北側にあり、敷地面積約1万4千平方㍍。木造2階建て延べ約1300平万㍍の住居がある。現在は第1種住居地域で高さ33㍍を超す建物は建てられないが、伊藤氏側は住居を取り壊し、30階建て(高さ推定90㍍前後)のマンションを建てる計画。市側に規制緩和を求めていた。
 これに対し、市の素案は、現在の邸宅跡に高さ100㍍までの建築物が建てられるよう高さ制限を緩和。一方、敷地の約6割を占める緑地は、台風で倒木が予想されるなど緊急の場合を除いて、樹木伐採や土地の形質の変更を禁止した。
 都市計画審はこの敷地の規制緩和について、7月にも結論を出す方針。伊藤氏は取材に対し、「今後も自然環境を守っていくことに変わりはない。審議会で認めてもらいたい」と話した。
 伊藤氏邸をめぐっては、市が昨年、植生調査などを行い、ハルニレの天然林や湧泉他の跡など、札幌の原風景をとどめる貴重な自然環境が残されていると発表。道自然保護協会が市に対し、環境保全のため敷地を買い取るよう要望していた。
 道自然保護協会は「豊かな緑地に高層ビルは不釣り合い。市が認めたことは残念だ」としている。
      ■         ■
 緑地保全に一定のめど
 市民団体になお慎重論
 都市計画審の議論焦点
札幌市中天区北5西8の伊藤義郎・伊藤組土建名誉会長邸の敷地に高層マンションを建てる計画で、札幌市が建設を認める方針を固めたのは、敷地の約6割を占める緑地の保全に一定のめどが立ったと判断したためだ。市は1月、上田文雄市長が敷地を所有する伊藤氏側に売却を持ちかけたが、拒否された経緯もあり、条件付きの容認に転換した。ただ、市民団体などには慎重論があり、今後は市都市計画審議会での議論が焦点となる。(山田宏茂)
 伊藤氏は8日、取材に対し「祖父が土地を取得してから3代、100年以上にわたり環境を守ってきた。土地に愛着がある。収入の得られる事業体にして、次の世代にも引き継ぎたい」と語り、マンション建設を進める意向を示した。
 伊藤氏邸は、JR札幌駅にも近い中心部の一等地。伊藤氏側は現在の邸宅を取り壊し、跡地に30階建ての賃貸マンションを建てる計画だ。伊藤氏も家族とマンションに住み、緑地の保全を見守る意向という。
 市の昨年の調査では、敷地内には樹高20㍍以上の大木が125本あったほか144種類の植物を確認。ハルニレの天然林や湧泉地跡もあり、中心部には数少ない自然豊かな緑地で、保全を求める声は少なくない。
 伊藤氏側から4月に建物の高さ制限緩和の提案を受けた市は、内容が妥当か検討し、緑地保全を条件にマンション建設を認める素案をまとめた。市地域計画課は「『緑地を保全してほしい』という市の要請を踏まえた提案だと判断した」と話す。
 市は15日の市都市計画審議会で、素案を提示する方針。高層マンションを建てた場合の緑地に与える影響については、市は「審議前なのでコメントしない」としているが、市内の学者や美術家らでつくる「札幌原風景研究市民センター」の河野本道相談役は「高層の建物を建てれば、日照などで周辺の植物に悪影響も予想される。審議会の議論の行方を注視したい」と話している。
伊藤義郎・名誉会長邸の正面玄関。市は緑地の保全を条件にマンション建設を容認する方針を固めた。

20140509-1
JRの線路(写真左)と北大植物園(同右)に挟まれた緑豊かな伊藤義郎氏邸(昨年6月、本社ヘリから)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 北大植物園の北側に、
 もう一つ北大植物園がある?
 …と錯覚するような広大な敷地があります。
 伊藤組土建という会社の、
 会長さんのお屋敷です。
 伊藤組土建は、
 札幌美容形成外科が入っているビルを建てた
 北海道屈指の建設会社です。
      ■         ■
 私が毎日通勤してくる
 道の横にあります。
 私のマンションからもよく見えます。
 緑が美しい緑地です。
 中に入ることはできませんが、
 塀の外から中の緑がよく見えます。
 ここにマンションが建設されるようです。
      ■         ■
 伊藤邸の周りには緑が多いです。
 JRの高架横にも、
 桜も、
 フジの花も、
 ハマナスも咲きます
 個人のお宅ですから…
 仕方がないですが…
 花好きの私は緑を残していただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ