院長の休日

看護の日2014

 今日5月12日は看護の日です。
 朝日新聞に看護の日特集の広告が掲載されていました。
 忘れられない看護エピソードという企画があります。
 今朝の朝刊には2つが掲載されていました。
 手術室に入るご婦人が、
 ご主人の形見のブレスレットをつけるというお話しです。
 いいお話しだと思います。
      ■         ■
 舞い降りたご主人という題名です。
 こちらで朗読を聴くことができます
 看護師さんは大変な職業です。
 最近は男性看護師さんも増えました。
 さくらんぼさんのご子息様も、
 介護福祉士から看護師に進まれました。
 すばらしいことだと思います。
      ■         ■
 医療はさまざまな職種が、
 力を合わせて行う協同作業です
 俺がおれが
 …はだめです。
 私が医師になった時に、
 薬剤師の父親から言われました
 横暴な医者になるな!』
 医者はともすると欠陥人間になりやすい
 …という塩谷先生のお言葉もあります
      ■         ■
 ありがたいことに、
 私には尊敬できる看護師さんがたくさんいます
 帯広のまみ子師長さん
 私に眼瞼下垂症手術をすすめてくださった師長さん
 昔、ご一緒に働いた看護師さん。
 札幌美容形成外科で働いてくれている看護師さん。
 自分の娘より若いのによく気がついてよく働いてくれます。
 ありがたいことです。
 看護師さんに感謝する一日です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ