医学講座

上手な学会発表をするために③

 私が新人医師だった頃は、
 上の先生から、
 『本間先生、
 この間の○○症例を今度の地方会で発表してください。』

 …というよに、
 先輩に言われて発表したものです。
 やばいなぁ~
 ○○ってわかんないなぁ~
 私も昔はできませんでした
      ■         ■
 北大形成外科では、
 週2回のモーニングカンファレンス、
 毎週火曜日夕方のカンファレンス、
 週3回は医局でカンファレンスがありました。
 大浦武彦先生が、
 誰がどんな発表をするか決めていらっしゃいました。
      ■         ■
 医局のカンファレンスで発表して、
 先輩から厳しい質問がたくさんきて、
 文献を調べて…
 少しずつ知識を深めました。
 札幌医大麻酔科で研修した時も、
 カンファレンスが充実していました。
 そこで発表して、
 先輩から質問されて、
 鍛えられました。
      ■         ■
 学会発表をするには、
 自分自身が勉強しなくてはなりません。
 ひとつの疾患について、
 一ヵ月も調べていると、
 かなり知識が深まります。
 昔は図書館に行かないと調べ物ができませんでした。
 今はネットで医中誌(いちゅうし)
 医学中央雑誌も調べられます。
      ■         ■
 実際の発表で気をつけなければならないことがあります。
 発表は話し言葉です。
 悪い例
 症例、59歳男性、
 主訴、右頬部腫脹、
 現症、1ヵ月前に気付き当科初診。
 右頬部皮下に3×3センチの腫瘤触知。

 良い例
 症例は59歳男性です。
 主訴は右頬部の腫脹で、
 1ヵ月前気付き当科初診しました。
 右頬部皮下3×3センチ腫瘤を触知しました。

 太字のてをにはを、
 よく吉田哲憲先生に指導していただきました
      ■         ■
 余談ですが、
 超多忙な開業医の師長さんである、
 まみ子師長さんが、
 全国学会で発表されたり、
 論文を執筆されたのは、
 とても立派なことです。
 日本熱傷学会でも、
 なかなかまみ子師長さんのような看護師さんはいないです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ