二重・眼瞼下垂

30になって二重が取れた

 札幌美容形成外科を開業して10年です。
 還暦のじいちゃん先生になりましたが、
 なんとか元気でやっています。
 おかげさまで目も見えるし、
 手も動きます。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 これからの10年は、
 無理をせず、
 診療を続けるつもりです。
 知識と技術だけは…
 まだまだ若い先生には負けません。
 なんちゃって美容外科の、
 お兄ちゃん先生とは違います。
      ■         ■
 ありがたいことに、
 10年前に手術を受けてくださった方が、
 久しぶりに来院してくれることがあります。
 札幌美容形成外科では、
 開院以来の全てのカルテを保存してあります。
 手術記録も残っています。
 私の財産です。
      ■         ■
 18歳で埋没法で二重にしました。
 30の声を聞いて、
 二重が取れました。
 左目は完全に一重に戻ることもあります。
 糸が切れているのですか?

 …というようなご質問をいただくことがあります。
      ■         ■
 10年前の埋没法
 昔の埋没法が取れた
 埋没法が取れた!
 埋没法が取れた②
 上の院長日記を読んでください。
      ■         ■
 埋没法が取れるのは、
 糸が切れるのではありません。
 埋没法の糸の周囲にできた、
 瘢痕組織(はんこんそしき)が、
 アイプチやメザイクの代わりに…
 皮膚を瞼板(けんばん)に引っぱって…
 二重のラインを作っています。
 何らかの力が加わって、
 その引っぱっている組織が、
 断裂してしまうのです。
      ■         ■
 ちょっとラインが薄くなった程度でしたら、
 決してあわてないでください
 大切な目です。
 手術は慎重になさってください。
 ちょっとしたラインは糊でなおすのが一番です。
 ご主人や子どもさんと、
 幸せな生活を送っている女性も多くいます。
 どうしても糊で修正できなければ、
 眼瞼下垂症になっていることもあります。
 こちらのマンガもよんでください
 受診していただければ、
 一番良い方法を相談して差し上げます。 

消えかかっているライン
抜去した他院の糸です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ