院長の休日

PM2.5急上昇 札幌など煙霧

 平成26年7月26日(土)北海道新聞朝刊の記事です。
 北海道内、PM2.5急上昇 札幌など煙霧 ロシア火災原因か
 全道各地で25日午後、霧状の煙が空気中に漂い、視界が10キロ未満となる「煙霧(えんむ)」が観測された。それに伴って、ぜんそくなどを引き起こす恐れがある微小粒子状物質PM2.5の濃度も急上昇し、特に札幌市内では大気中濃度が1日平均の8倍に上った。町や空は白くかすみ、同市消防局には火事を疑う通報が殺到。人体に影響が及ぶ可能性もあり、札幌管区気象台や道は外出を控えるなど注意を呼びかけている。
 札幌管区気象台によるとこの日、札幌、旭川、函館、室蘭、稚内、帯広の計6カ所の気象台・測候所で、煙霧を観測。正午前後から視界が悪くなり始め、午後3時には札幌で7キロ、室蘭で4キロ、函館で5キロ先までしか見えなくなった。
 同気象台によると、煙霧にはPM2・5も含まれており、7月25日午後から道内各地でPM2.5の大気中濃度が上昇。札幌市では同4時で、観測開始以来最高の1立方メートル当たり155マイクログラムを記録。1日の平均濃度同20マイクログラムから、一気に跳ね上がった。
 札幌管区気象台などは煙霧の主な原因として、ロシア・東シベリアで発生した大規模な森林火災を挙げ、「火災で生じた煙が偏西風に乗り、道内に煙霧をもたらした可能性がある」と分析。ただ森林火災の収束の見通しはたっておらず、同気象台は「明日以降も警戒が必要」と話す。

 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 昨夜は札幌の花火大会でした。
 昔は、
 北海道新聞(道新)、
 読売新聞、
 朝日新聞
 3回の花火大会がありました。
 不景気のためでしょうか、
 今は一回しかありません。
      ■         ■
 せっかくの花火大会なのに、
 札幌市内は、
 花火の煙が残っているような、
 どんよりとした空でした。
 花火は見えましたが、
 残念なことに視界が悪かったです。
      ■         ■
 今日は注意報が出ています。
 不要な外出は避けるように、
 屋外で激しい運動はしないように、
 換気もしないで、
 外のPM2.5を室内に入れないように注意です
 せっかく空気がきれいな北海道に、
 観光にいらしてくださったお客様に申し訳ないです。
 早く澄んできれいな空気にしてほしいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ