医学講座

第37回日本美容外科学会(東京)③

 今回の学会会場は、
 東京ドームのお隣、
 東京ドームホテルです。
 地下一階をほぼ貸切です。
 3会場に分かれています。
 コンパクトでいい会場です。
 私が聞いたのは、
 目に関する発表です。
      ■         ■
 韓国から、
 お二人の先生がいらしてくださり、
 眼瞼下垂症の講演をしてくださいました。
李鎭鎬美容外科クリニック
 李鎭鎬Jinho Lee先生
 Ptosis correction in 3 partial incision double fold eyelid operation
 3部分切開式二重瞼術での眼瞼下垂矯正
順天郷大学成形外科教授
 Yong Bae Kim先生
 Double fold and ptosis surgery according to ligamentous anatomy of upper eyelid
 腱膜解剖に沿った重瞼と眼瞼下垂手術
      ■         ■
 どちらの先生も経験豊富な先生です。
 李先生が開業医、
 金先生が大学教授です。
 李先生は、
 東京警察病院に留学されたことがあり、
 日本語で発表されました。
      ■         ■
 驚いたことに、
 李先生に小切開による重瞼術を教えてくださったのが、
 おっぱいで有名な南雲吉則先生のお父様、
 南雲吉和先生でした。
 李先生は、
 南雲先生にいただいた、
 慈心妙手
 …と書かれた色紙を見せてくださいました。
      ■         ■
 日本人も韓国人も、
 ほぼ同じ形の目をしています。
 日本の技術が韓国で成長して、
 また日本に伝承されます。
 隣人とは仲良くすべきです。
 李先生のご発表は、
 近日中に米国形成外科学会誌PRSに掲載されます。
 実にすごいことです。
      ■         ■
 李先生の講演の要点は、
 上眼瞼に3箇所の小切開を加え、
 その小さな穴から脂肪を切除し、
 挙筋腱膜とミューラー筋を瞼板に固定し、
 下垂を改善し、
 自然な二重を作るというものです。
      ■         ■
 韓国の有名な人気女性グループの、
 手術前、
 手術後、
 …と思われる写真を、
 (ネットから引用したようですが…)
 紹介されていました。
 韓国では整形することは、
 別に隠すべきことではないようです。
      ■         ■
 順天郷大学成形外科教授の金先生のご発表も素晴らしかったです。
 挙筋腱膜や、
 ミューラー筋だけではなく、
 その上方にある靭帯まで剥離して固定することで、
 どうしても開かない目を、
 自然に開くようにしていらっしゃいました。
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 また金先生によると、
 韓国には形成外科出身の美容外科医が約2000人、
 形成外科出身でない美容外科医が約8000人いるそうです。
 中国からの医療ツアーで、
 韓国に来るお客さんを目当てに大きな美容外科ができて、
 そこで発生するトラブルも増えているそうです。
 韓国の美容外科事情も大変なようです。
 続きはまた明日以降に書きます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ