昔の記憶

大浦憲子様ご逝去から一年

 恩師、大浦武彦先生の奥様、
 大浦憲子様がお亡くなりになって
 今日で1年です。
 早いものです。
 一年前は火曜日でした。
 市立札幌病院でお亡くなりになりました。
      ■         ■
 今、考えても、
 すばらしいよくできた奥様でした。
 ご主人の大浦武彦先生には、
 暖かいマンションを準備され、
 家具も、
 カーテンも、
 冷蔵庫も、
 全部準備されていました
      ■         ■
 お一人になられた大浦先生が困らないように、
 ちゃんとお考えになられたのでしょう。
 大浦先生のマンションは快適です。
 暖房も北海道ガスのセントラル暖房です。
 北電の料金が上がっても
 灯油料金が上がっても、
 大浦先生のマンションは心配いりません。
      ■         ■
 大浦先生はお元気です
 褥瘡研究所でお仕事をなさっています。
 夏にはゴルフもなさいます。
 海外出張にも行かれます。
 ただ、
 マンションではお一人です。
 私もなかなかお伺いできず、
 申し訳なく思っています。
 今度、先生がお好きな、
 サッポロ黒ラベル500を持って、
 お伺いしようと思っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ