医学講座

第60回日本形成外科学会(大阪)④

 還暦を迎えた第60回日本形成外科学会から、
 昨夜帰ってきました。
 4月13日に大雪が降ったと聞いたので、
 札幌はどんなに寒いか?
 …とおそるおそる帰ってきたら、
 意外とあたたかでした。
 郵便や書類をクリニックでチェックして帰宅しました。
 休診中でもたくさん郵便物が来ます。
      ■         ■
 最終日の最後に行われたのが、
 シンポジウム14形成外科医に対する美容外科教育
 4月14日(金)15:50~17:20 
 司会
 高柳 進(メガクリニック)
 野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
 演者
 美容外科教育 現実的な選択とは何か?
 野平久仁彦(蘇春堂形成外科)
 形成外科医に対する美容外科教育
 保阪善昭(総合東京病院形成外科・美容外科)
 形成外科医に対する美容外科教育
 宇津木龍一(クリニック宇津木流)
 形成外科のsubspecialtyとしての美容外科の確立に向けて
 朝戸裕貴(獨協医科大学形成外科学)
 形成外科医に対する美容外科教育美容外科医になって考えること
 藤本雅史(ヴェリテクリニック)
 形成外科医に対する美容外科教育
 井上義一(藤田保健衛生大学形成外科)

      ■         ■
 このシンポジウムを聞くために、
 最終日の17:00まで会場にいました。
 とても参考になったのが、
 ヴェリテクリニックの藤本雅史先生と、
 藤田保健衛生大学形成外科の
 井上義一先生のご発表でした。
 お二人とも、
 日本形成外科学会専門医です。
 優秀な美容外科医です。
      ■         ■
 お二人のご発表をお聞きして、
 形成外科医が美容外科を学ぶ大変さがわかりました。
 私の時とほぼ同じです。
 ふつうの形成外科医をしていて、
 美容外科を学ぶチャンスはありません。
 大学によっては、
 【美容】に行くと、
 【破門】もあるようです。
      ■         ■
 日本の大学医学部にも、
 美容外科部門ができています。
 残念なことですが、
 患者数はとても少ないです。
 収支を計算すると、
 おそらく赤字です。
 大学で美容外科を学ぶことは、
 ほぼ無理だと(私は)思います。
      ■         ■
 藤本雅史先生は、
 ハワイの解剖学セミナーで、
 福田慶三先生と知り合い、
 美容外科医への道を歩みはじめました。
 福田慶三先生は、
 美容外科医の心得3段活用
 …でご紹介した先生です。
 英語もぺらぺらで、
 日本形成外科学会でも、
 日本美容外科学会でも、
 とても有名な先生です。
      ■         ■
 藤田保健衛生大学形成外科の
 井上義一先生は、
 大学の先輩や、
 韓国や、
 上海のセミナーで勉強され、
 実際に韓国の有名なクリニックで研鑽され、
 美容外科技術を身につけたと、
 とても詳しく解説してくださいました。
      ■         ■
 私は、
 日常の美容外科診療で、
 美容外科医全員が、
 顔の骨切り手術まですることはないと思います。
 しっかりと形成外科を学んで、
 麻酔と救命救急の知識があれば、
 安全に手術ができると思います。
 藤本先生、
 井上先生、
 ためになるご発表をありがとうございました。
 素晴らしい美容外科医だと思いました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ