昔の記憶

本間家の墓

 今日は2017年12月26日です。
 今年も残すところあと5日です。
 年末は忙しい美容形成外科ですが、
 今年は曜日の並び方のためか?
 繁忙期のピークがずれています。
 年末の手術がキャンセルになったこともあり、
 例年より少し余裕があります。
 時間ができたのでクリニック内の整理整頓をしています。
      ■         ■
 山形のさくらんぼさんから、
 お墓のことをお聞きしました。
 本間家もお墓でもめました。
 親父が亡くなる前に、
 用意周到な私は、
 墓の準備をしたら!
 …と父親に言っていましたが、
 一向に腰を上げませんでした。
      ■         ■
 本間家の墓は、
 札幌市の平岸霊園にあります。
 私の祖父、
 本間紀一が47歳の時、
 昭和10年(1935年)に札幌市の山鼻墓地やまはなぼちに建立。
 札幌市の事業により平岸霊園に移転しました。
 私が父親から聞いた話しですと、
 家庭内で、
 食べるお金もないのに!
 お墓なんて!

 …と喧嘩になったそうです。
      ■         ■
 5人も子供がいて、
 祖父の本間紀一は当時の国鉄に勤務していました。
 とてもお墓を建てるお金があったとは思えません。
 奥さんの本間環さんもきつい女性でした。
 きっと、
 本間家伝統の、
 夫婦喧嘩になったと、
 子孫の私は想像しています。
      ■         ■
 私が想像するに、
 私の祖父、
 本間紀一は、
 自分の母親のお墓を建てたかったのだと思います。
 本間家は、
 私の祖父のおかげで、
 札幌市でもお墓の一等地である、
 平岸霊園にお墓があります。
      ■         ■
 私がお墓を改修する時に、
 できるだけ、
 祖父が建てたお墓を残したいと思いました。
 残念なことに、
 地元の墓石屋さんに見てもらったところ、
 墓石も、
 基礎のコンクリートも、
 老朽化しており、
 全面建替えが必要だと診断されました。
      ■         ■
 ネットでお墓を検索したところ、
 たくさんのお墓屋さんがヒットしました。
 資料を取り寄せてみましたが、 
 どうも、
 販売している会社と、
 墓石を作るところと、
 お墓を組み立てる人が違うことに気付きました。
 もう少しよく調べて、
 Made in JAPANのお墓が少ないこともわかりました。
      ■         ■
 私はブランド物にはこだわりません。
 服も時計もふつうのものです。
 でも、
 自分が入るお墓はmade in JAPANにこだわりました。
 ネットで見つけたのが、
 私の院長日記のような…
 親子で石屋日記でした。
 私はこの石屋日記のファンになり、
 FaceBookでも友だちにしていただき…
 とうとう札幌までいらしていただきました。
 石屋の親方こと、
 島本石材工業島本壽さまは、
 後光がさすような素敵な職人さんでした。

      ■         ■
 そうして四国の島本様に建てていただいたのが、
 本間家の墓です。
 お墓の形や、
 キリスト教の十字架は、
 祖父が建てたままにしました。
 花を植えるスペースも、
 祖父が建てたままにしました。
 ラベンダーだけは私が選んで植えました。
 草取りが大変ですが、
 とても気に入っているお墓です。
 残念なことに、
 島本石材工業島本壽さまは亡くなってしまいました。
 お墓に行って島本壽さまのことを思い出して感謝しています。
20170101-2

平岸霊園のラベンダーが咲くお墓です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ