医学講座

第132回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)④

 沖縄で開催された、
 第132回日本美容外科学会JSAPS
 …で印象に残ったご発表です。
 16:30〜17:20一般演題2
 座長:新城 憲 (形成外科 KC )
 6、 脂肪注入による豊胸術にて多発する小嚢胞を生じた1例
 演者:吉種克之( 東京イセアクリニック)

 とても考えさせられるご発表でした。
      ■         ■
 ご発表の要旨です。
 CMCバッグによる豊胸術を受けた後に、
 バッグを取り出し、
 脂肪注入によって豊胸を受けた患者さん。
 その後に、
 小さな嚢胞のうほうを多発し、
 摘出したという症例です。
 数個のしこりは経験することがありますが、
 多発例ははじめて見ました。
      ■         ■
 多発した小嚢胞のうほうを摘出したところ、
 内容は脂肪滴でした。
 大きいものから、
 小さいものまで多数あり、
 摘出するのは大変だったと思いました。
 吉種先生は手術が上手なベテランの先生です。
 脂肪滴をつぶすこともなく、
 とてもきれいに摘出されていました。
      ■         ■
 会場の先生から、
 多発する小嚢胞を生じた原因として、
 血流に問題があったのでは?
 …とご発言がありました。
 実は私もJA帯広厚生病院に勤務していた時代に、
 病気で顔面が変形した患者さんに、
 脂肪注入をしたことがありました。
 数年はとてもよい経過でしたが、
 注入した脂肪は萎縮してしまいました。
 脂肪滴はありませんでした。
 病気が原因なのか?
 血流が原因なのかわかりません。
      ■         ■
 今回のご発表で、
 私は、
 やはり、
 注入による豊胸術は、

 自分の身内なら受けさせない
 …と考えました。
 アクアフィリング豊胸
 …の演題はありませんでしたが、
 2018年7月現在では、
 豊胸はバッグがいいと思います

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ