医学講座

第36回日本頭蓋顎顔面外科学会(札幌)①

 2018年10月11日(木)と12日(金)に、
 京王プラザホテル札幌で、
 第36回日本頭蓋顎顔面外科学会が開催されました。
 学会長は北海道大学形成外科の
 山本有平やまもとゆうへい教授です。
 2018年9月6日(木)の地震で、
 京王プラザホテル札幌には、
 たくさんの方が避難されました。
      ■         ■
 ホテルの方たちが、
 避難者に食事を無料で提供していました。
 そんな光景が1ヵ月前にあったとは思えないような、
 いつもの京王プラザホテル札幌でした。
 ホテルの設備には被害はなく、
 通常通りの営業をなさっています。
 京王プラザホテル札幌には非常用発電設備もあります。
 地震で停電になった時にも、
 明かりがついていました。
      ■         ■
 日本頭蓋顎顔面外科学会
 とうがいいがくがんめんげか学会
です。
 難しい名前の学会です。
 形成外科で扱う疾患のうち、
 首から上の部分についての学会です。
 目も、
 鼻も、
 耳も、
 この学会の守備範囲です。
 美容に関する発表もあります。
      ■         ■
 初日の2018年10月11日(木)には、
 顔面神経麻痺の後遺症や、
 顔面神経麻痺のリハビリについて、
 たくさんの発表を聞きました。
 顔面神経麻痺による下垂①
 …でご紹介した、
 栢森良二かやもり りょうじ先生のご発表もありました。
 とても勉強になりました。
 続きはまた明日以降に書きます。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ