医学講座

医者は一生勉強です

 昨日の院長日記、
 美と健康の維持2019に、
 りりーさんから、
 コメントをいただきました
 先生も沢山の努力をしてお医者さんになられたんですね。
 医者になった後も勉強が必要で、
 患者さんの要望も聞いて、
 ストレスも多い仕事だと思いますけど、
 頑張ってください。

      ■         ■
 ありがとうございます。
 とてもはげみになります。
 医者は一生勉強なんです。
 医学部6年間も厳しい試験があります。
 100人入学すると、
 卒業時には90人以下になるのがふつうです。
 大学によって違いますが、
 ふつうの国公立大学医学部で、
 6年間で卒葉できるのは9割以下です
      ■         ■
 卒業後に医師国家試験があります。
 医師になるために、
 ほぼ全部の科目の試験があります。
 内科医になる人も、
 外科も産婦人科も試験があります。
 外科医になる人も、
 内科も小児科も試験があります。
 日本全国で医師国家試験が行われて、
 全員が同じ問題で受験します。
      ■         ■
 実技試験はありません。
 マークシート式の試験問題です。
 試験問題を作成するのは、
 厚生労働省から委託を受けた、
 医師国家試験出題委員です。
 大学医学部の教授がなります。
 2月にある医師国家試験問題を作るのは、
 夏です。
 暑い時期に東京で問題を作っているはずです。
      ■         ■
 医師国家試験に合格した後も、
 専門医試験があります。
 日本形成外科学会にも専門医試験があります。
 先週、東京で筆記試験と面接試験がありました。
 面接は3人の試験官によって判定されます。
 専門医になった後も、
 学会に出席して勉強をします。
 医学は日進月歩なので、
 毎日が勉強です。
 好きな診療科目だから続けられます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ