医学講座

第25回日本熱傷学会北海道地方会②

 2019年1月26日(土)に行われた、
 第25回日本熱傷学会北海道地方会の続きです。
 熱傷は一番身近な外傷です。
 適切な治療をすると、
 きれいに治ります
 治療法もめざましく進歩しました。
 事故や災害で大やけどをすることもあります。
 救命率も向上しました。
      ■         ■
 日本の熱傷治療のレベルは高いです。
 ロシアから助けを求められることもありました。
 私は、
 美容外科より、
 熱傷治療のほうが、
 ずっと役に立つ学問だと考えています。
 だから毎年学会に参加しています。
 昨日の第25回日本熱傷学会北海道地方会もとても勉強になりました。
      ■         ■
 今年の熱傷地方会で勉強になったのが、
 アルカリによる化学損傷です。
 やけどは、
 お湯や火炎によるものだけではなく、
 酸やアルカリによっても起こります。
 化学熱傷ということもあります。
 日本熱傷学会では、
 化学損傷と呼んでいます。
      ■         ■
 酸とアルカリは、
 学校で習う、
 リトマス試験紙のあれです。
 こわいのは、
 酸よりアルカリです。
 思わぬところに、
 強アルカリがあります。
 とても深いやけどになり、
 足指を切断することもあります。
 私にも痛恨の誤診経験があります
 若い形成外科の先生にも熱傷を勉強していただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ