医学講座

借金の利息

 昨日の院長日記、
 開院15周年に、
 開業時の借金が6000万円あったと書きました。
 借金の額を公表したのははじめてです。
 これから開業を考えている、
 若い先生のためにもう少し書きます。
      ■         ■
 開院11周年
 2015年8月3日の院長日記です。
 私は49歳でした。
 借金もたくさんありました。
 記録を見ると、
 借金の利息だけで、
 月に15万円以上もありました。
 よく返済できたものです。
 私の休みも月に4日程度でした。

 …と書いてあります。
      ■         ■
 開業してもすぐに収入はありません。
 保険診療の場合は、 
 診療をした翌月にレセプトを作成して請求し、
 翌々月の20日過ぎに銀行口座に入金されます。
 その間も、
 従業員のお給料も、
 家賃も、
 光熱費も払わなくてはなりません。
 あっという間にお金が無くなります
      ■         ■
 私は開業前に中央クリニック札幌院の雇われ院長をしていました。
 その時には、
 自分の人生で最高のお給料をいただいていました。
 開業時には、
 借金6000万円の他に、
 自己資金もありました。
 それでも資金不足にならないか心配でした。
      ■         ■
 もう少し正直にお伝えします。
 難しいのが広告宣伝費です。
 広告宣伝費2015に書きました。
 フリーペーパーや、
 バスの車内放送など、
 大手美容外科とは違ったやり方で、
 札幌美容形成外科を宣伝しました。
 その広告宣伝費が、
 100万円程度でした。
 これでも美容外科としては格安でした。
      ■         ■
 銀行との契約によりますが、
 最初は元金は返さずに、
 利息だけ払うことをおすすめします。
 私は利息が月に15万円以上もしました。
 広告宣伝費が年間1000万円以上でした。
 これから開業される先生に言います。
 お金が無くなってから、
 追加融資を申し込んでも、
 銀行は貸してくれません。
 開業時の資金計画は余裕をもってすることです。
 最初は利息だけ払うのがいいです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ