わきが

わきが手術と心の安静

 昨日の院長日記、
 ホームページ改訂【わきがに、
 さくらんぼさんから、
 コメントをいただきました
 心の安静は今まで書いてなかった?
 ような。

 さすがさくらんぼさんはすごいと思いました。
 院長日記、初登場です。
      ■         ■
 私は先天性怒りんぼ症候群です。
 親からの遺伝です
 よく怒ります。
 役所にも怒ります。
 怒ると大量の脇汗が出ます。
 緑色の術衣に黒いしみができます。
 わき汗に悩む方のお気持ちが理解できます
      ■         ■
 心の安静を保つのは難しいです。
 政治家や国の指導者も、
 心の安静を保って、
 もう少し考えると、
 国と国のいざこざも少なくなると思います。
 精神安定剤で、
 しっかりコントロールしている方は立派です。
 私を含めて精神安定剤の注射が必要な人はたくさんいます。
      ■         ■
 わきが手術の後に必要な心の安静は、
 すぐに怒るとか、
 争うとかは違った意味の安静です。
 手術後に、
 驚いたり、
 慌てたりしないことです。
 やばっってあせると、
 急に血圧が上がることがあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科であった術後のトラブルです。
 恋人には内緒でしたはずのわきが手術でした。
 急に連絡が取れなくなって心配した恋人が、
 手術後に現れてしまって、
 おおあわてになった患者さんが、
 手術後に両脇から出血しました。
 止血手術をしましたが止まらず、
 時計台記念病院に入院させていただきました。
      ■         ■
 時計台記念病院で出血点を確認しても、
 出血している部位は特定できませんでした。
 15年間で、
 わきが手術の後に入院したのは1例だけです。
 この出血の後で、
 手術は片側ずつすることにしました。
 エビデンスがない本間仮説です。
 手術後は誰にもわからないように、
 ひっそりとご実家で安静にするのがきれいに治る秘訣です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ