医学講座

FAX送信されたカードは使えません

 Credit card faxed over for ASPS Dues is being Declined.
 FAX送信されたカードは使えません
という意味です。
 昨日の院長日記、
 米国形成外科学会の年会費支払い
 …の続きです。
 米国形成外科学会HPにログインすると、
 Your 2020 annual dues statement is now available.
 2020年会費お支払い

 …という赤い表示が出ます。
      ■         ■
 そこをクリックして、
 カード番号と有効期限を入力し、
 開業医か勤務医か?
 形成外科と美容外科の割合?
 Donate to The Plastic Surgery Foundation
 形成外科基金への寄付
 (ゼロでもOKです)

 PRSを郵送でも購読するか?
 …を選択して送信すると会費支払ができます。
      ■         ■
 2018年までは問題なくできました。
 今年は、
 There was an error when processing your submission, please contact member services at (847) 228-**** or memserv@plasticsurgery.***.
 Error Details: There was an error processing your credit card.
 Please verify the card number and expiration date provided.

 …という表示になりました。
 年会費支払でエラーになりました。
 メンバーサービスにお電話847-228-**** いただくかメールをお願いします。
 エラーの内容はクレジットカードです。
 カード番号と有効期限をご確認ください。
      ■         ■
 私はカード会社に電話しました。
 これがなかなかつながりません。
 ただいま電話が大変混雑しています。
 5分以上お待たせする可能性がございます。
 弊社ホームページにご案内がございます。
 そちらもご参照ください、、、、
 …というよくある自動音声が流れます。
 4日間連続してエラーになったので、
 私はひたすら待ちました。
      ■         ■
 ようやくつながったのに、
 カード会社の担当者さんは、
 クレジットカード番号の入力ミス
 有効期限の入力ミス
 インターネット環境の不具合で通じなかった?
 これらを指摘してきました。
 4日間も複数のPCやスマホから接続していること、
 カード番号はコピペしているので正しいことを伝えました。
      ■         ■
 記録を調べてくれたら、
 米国から日本に接続された形跡がないこと、
 カード払いを拒否した記録がないことから、
 カード会社としてはこれ以上対応できないといわれました。
 仕方がなく、
 私は国際電話でFAXを送信しました。
 カード番号、
 有効期限を送信しました。
 その後、数時間で届いたメールに書かれていたのが、
 Credit card faxed over for ASPS Dues is being Declined.
 FAX送信されたカードは使えません

 ここまでやって、
 ようやくカード会社が調査を始めてくれました。
      ■         ■
 カード会社には、
 相応の年会費を払っています。
 よくある年会費無料のカードではありません。
 いろいろなやり取りの後で、
 ようやくカード会社HPのお問い合わせフォームから、
 米国形成外科学会とのやり取りを、
 英文のまま送信してくださいと言われました。
 この先どうなることやら心配です。
 カード会社には電話するよりも、
 問い合わせフォームから送信するのが確実なようです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ