医学講座

お墓について考える2019

 今日は2019年12月22日(日)です。
 今年も残すところあと一週間です。
 札幌美容形成外科は年末まで満席です。
 毎日手術があります。
 ありがたいことです。
 昨日の院長日記、
 札幌市営墓地15%無縁?
 …の続きです。
      ■         ■
 お墓の草取りに通うようになって
 私が感じていることです。
 お盆やお彼岸を除くと、
 霊園は静かです。
 広大な敷地にいるのは、
 カラス、
 たまに墓石屋さんくらいです。
 犬の散歩に来る人にもたまに会います。
      ■         ■
 立派なお墓なのに、
 樹木で墓石が見えないお墓がいくつもあります。
 きっと無縁墓です。
 前の本間家の墓には、
 ドウダンツツジという木がありました。
 根が張って新しい墓に移植できませんでした。
 私は木は植えないことにしました。
 お墓より大きくなってしまう可能性があります。
      ■         ■
 私はラベンダーが咲くお墓が理想でした。
 現実は厳しく、
 毎年手入れをしても、
 なかなかラベンダーを維持できません。
 チューリップも植えてみましたが、
 カラスかキツネが来て、
 チューリップの球根を食べてしまいました。
 残念なことにチューリップは絶滅しました。
      ■         ■
 うちの奥さんからは、
 あんたが死んだら草取りに行く人がいなくなる。
 どうするの

 そんなこと言われても、
 仕方がないでしょ!
 永代草取をしてくれる業者さんを探します。
 こればっかりは、
 さすがの私でも、
 無理だろうなぁ~と思っています。 

2014年5月きれいなお花を毎年咲かせるのは大変です
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ