昔の記憶

人生最悪の日

 今日は2020年10月4日(日)です。
 先日いらしてくださった患者さんから、
 先生の院長日記、
 人生で一番しあわせだった時期2020
 …を読みました。
 ANA778便で行かれたのですね。
 見えなくなるまで手を振っていた
 いい思い出ですね。
 …と言っていただきました。
      ■         ■
 恥ずかしながら、
 昔のいい思い出で、
 現実はきびしいです。
 仲がいい時期はそんなに続きませんでした。
 今は病気をしないで、
 周囲に迷惑をかけないで、
 人生をまっとうするのを待つ身です。
 いいことばかりではありません。
      ■         ■
 院長日記に書くことが浮かばなかったので、
 たまたま思い出したことを書いただけです。
 今日は逆の人生最悪の日を考えてみました。
 私の人生で最悪だったのは、
 札幌医大を追い出された日です。
 私は2002年3月7日木曜日21:00に、
 札幌医科大学医学部長室に呼び出されました。
 神保孝一医学部長から解雇通告を受けました。

      ■         ■
 人生最悪の日ですが、
 不思議と助けてもらったことを、
 いい思い出として記憶しています。
 2002年3月7日(木)は函館ベイサイド病院に出張に行ってました。
 朝、神保孝一から電話があり、
 夜21:00に医学部長室に来いという内容でした。
 どうせ私をクビにする内容だろうと予測していました。
 いつかはそんな日が来ると思っていました。
      ■         ■
 ありがたかったのは、
 市立札幌病院の吉田哲憲先生からの電話でした。
 先生、大丈夫?
 …と私のことを心配してくださいました。
 人生最悪の日の思い出は、
 人生で最もありがたかった電話の思い出です。
 これで私は救われました。
 吉田哲憲先生は私の恩師です。
 セカンドオピニオンでご紹介した先生です。
      ■         ■
 人生にはたくさんの嫌なできごとがあります。
 いいことは覚えていて、
 嫌なことは忘れることです。
 私が66年生きてきて、
 嫌なことはたくさんありました。
 ありがたいことに、
 嫌なことの次にいいこともありました。
 信じてはいけない人にいただいた、
 高須克弥先生のコメントは私の宝物です。
 そうだよ
 逆境の時ほど本当の友人が発見できるんだ。
 落ち目の時は友人を見極めるチャンス。
 よかったと思いなさいね。

      ■         ■
 人生最悪の日からはじまって、
 失業を経験しました
 いつもは私を非難しているうちの奥さんも、
 この時は協力してくれました
 非難もされず、、、
 この時は何も言いませんでした。
 私が、
 就職活動をしているのを、
 じっと待っていてくれました。
 人生最悪の日いい思い出です。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ