医学講座

死産した乳児遺棄の女性不起訴

 今日は2020年12月19日(土)です。
 札幌は雪です。
 2020年12月18日のYahoo!ニュースです。
 死産した乳児遺棄の女性不起訴 逮捕行き過ぎと医師批判
 東京地検は18日、死産したとみられる乳児の遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で逮捕された無職女性(26)を不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。女性から相談を受けたという熊本市の慈恵病院の院長が、逮捕は行き過ぎだと批判していた。
 女性は6日午前7時半ごろ、東京都品川区のマンションに乳児の遺体を放置した疑いで、7日に警視庁大井署に逮捕された。女性は逮捕前、病院の相談窓口に「死産したがどうしていいか分からない」とメールで相談したという。
 院長は10日に記者会見し「保護が優先だ。逮捕ありきではなく慎重に事情を聴くべきだった」と指摘していた。
 (以上、Yahoo!ニュース、共同通信より引用)

      ■         ■
 私が2020年12月11日の院長日記でお伝えした、
 警察は乳児遺棄容疑の母を保護すべきの結果です。 
 12月6日午後11時27分、女性から「朝7時ごろに自宅で死産をしてしまった。生活が苦しく、体調が悪くなり、先月ごろ仕事を辞めた。両親とも死別しており、頼れる人もなく、身分証も保険証もない。どうしたらいいか」と病院にメールがあった。7日に病院側と電話でやり取りをした女性が「少なくない出血がある」と告げたため、蓮田院長は保護が必要だと判断して大井署に通報した。
 熊本市の慈恵病院、蓮田院長が
 (出血があり)保護が必要だと判断して大井署に通報なさいました。
      ■         ■
 女性はどうしたらいいかわからなかっただけです。
 生活が苦しく、
 体調が悪くなり、
 先月ごろ仕事を辞めた。
 両親とも死別しており、
 頼れる人もなく、
 身分証も保険証もない。

      ■         ■
 こんな女性を保護するのが、
 行政の役割だと思います。
 不起訴は当然です。
 トイレで出産して殺してしまった人もいました。
 こんな事件があるたびに、
 もっと性教育をすべきだと思います
 コロナ禍で生活が苦しい人が増えています。
 医学の知識で望まない妊娠を減らすことができます。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ