医学講座

自衛隊の看護師さんに感謝

 今日は2020年12月22日(火)です。
 北海道新聞朝刊の記事です。
 自衛隊看護師10人が撤収 旭川のクラスター施設から
 【旭川】新型コロナウイルスの大規模クラスター(感染者集団)が発生して看護師らが不足していた旭川市内の2施設の医療支援に入っていた陸上自衛隊の看護師ら10人が21日夜、2週間の活動を終えて撤収した。10人は2週間の経過観察の後、所属部隊に戻る。
 重症心身障害児(者)施設の北海道療育園では同日午後6時半すぎ、正面玄関で隊員を見送り、林時仲(ときつぎ)園長は「皆さまが園の中で汗を流し、心強かった」と謝意を示した。同席した西川将人市長は終了後、「看護官が来て現場も勇気づけられた。おかげで先が見えるところまで来た」と記者団に述べ、クラスターの早期終息を期待した。慶友会吉田病院では午後7時すぎ、隊員を見送り、吉田良子理事長はバスに乗る隊員に「本当にありがとうございました」と両手を振った。
 鈴木直道知事は談話を発表し、「極めて緊張感が高く、厳しい環境の中で献身的に尽力いただいた。当面の看護師不足は改善される見通しだ」と感謝した。
 派遣された看護師らは第2師団(旭川)を中心とした道内の隊員。自衛隊法に基づく「災害派遣」を道から要請され、8日から医師の診療補助や医療廃棄物の処理、院内の消毒などを担った。市内の感染状況が一定程度落ち着き、他の医療機関からの支援も見込めるとして、道は自衛隊派遣の延長要請は見送っていた。(山口真理絵、綱島康之)

医療支援活動を終えて北海道療育園から撤収する自衛隊看護師ら(打田達也撮影)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 ほんとうにありがとうございました。
 北海道民の一人として、
 自衛隊の看護師さんに心から感謝いたします。
 お疲れになったことと思います。
 北海道新聞に載っていた、
 慶友会吉田病院の、
 吉田良子理事長がバスに乗る隊員に
 「本当にありがとうございました」と両手を振った。

 光景が見えるようです。
      ■         ■
 私は札幌の自衛隊病院に非常勤で勤務したことがありました。
 札幌医大に勤務していた時です。
 自衛隊病院の看護師さんは、
 自衛官としての訓練も受けたそうです。
 野営のテント生活も経験なさったそうです。
 看護師さんとして病院で働いている時は、
 ふつうの白衣でした。
      ■         ■
 そんな訓練を受けた看護師さんでも、
 コロナ禍のクラスター施設で働くのは、
 とても大変だったと想像します。
 自分も感染する危険があります。
 東日本大震災の時にも、
 自衛隊が埋葬で活躍してくれました
 私は自衛隊は必要だと思います。
 ウイルスという見えない敵から日本を守るためにも、
 これからも自衛隊に活躍していただきたいです。
 ほんとうにありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ