昔の記憶

マウントレースイ夕張リゾート破産

 今日は2020年12月26日(土)です。
 今朝の札幌は寒いです。
 また心が寒くなるニュースです。
 昨日のYahoo!ニュースです。
 夕張で「マウントレースイスキー場」など運営 夕張リゾート(北海道)が廃業、破産へ
 新型コロナの収束見通しが立たず、事業継続を断念した
 夕張リゾート(株)(TDB企業コード:010942012、資本金500万円、北海道夕張市末広2-4、代表ライ・ユン・ナン氏)は、12月24日に自社のホームページで「事業継続が困難となり、やむを得ず廃業し、破産申し立てを行うことを決断した」ことを明らかにした。
 当社は、2007年(平成19年)2月に設立。それまで夕張市が所有していたスキー場をはじめとして20ヵ所以上におよぶレジャー施設の運営を指定管理契約で各種観光施設等運営業者が受託したことを受け、現地での運営管理を目的として設立された経緯がある。その後、老朽化が激しい施設等に関しては順次管理を返上し、「マウントレースイスキー場」や「ホテルマウントレースイ」(118室)、「ゆうばりホテルシューパロ」(153室)、「合宿の宿ひまわり」等の運営を行い、2017年3月期には年収入高約12億円を計上していた。
 2017年4月には元大夕張リゾート(株)(北海道夕張市、2017年1月設立、現・夕張リゾートホールディング(株)、TDB企業コード:898019522)が当社を買収するとともに不動産施設を夕張市から購入。以降は同社のもとで集客力強化の方針が打ち出され、ホテル・スキー場を中心に外国人観光客を主体に集客を図るなどしていたが、2019年3月期は年収入高約12億4700万円に対して約2億5000万円の経常損失を強いられていた。
 こうしたなか、同年3月には香港系ファンドが当社を買収。その後もインバウンドの取り込み強化を図っていたが、2020年に入ってからの新型コロナウイルス感染拡大により3月にはホテルを休館、イベントも中止を余儀なくされ事業計画を大きく下回る状況となっていた。新型コロナの収束の見通しが立たないなか、12月には今冬のスキー場およびホテルの営業を休止することが明らかになるなど動向が注目されていた。
 負債は現在調査中。
 なお、今後自己破産を申請すると道内における新型コロナ関連倒産は37社目となる。

(以上、Yahoo!ニュース、帝国データバンクより引用)

      ■         ■
 北海道新聞によると、
 食材の納入業者への未払い金などがあり、
 倒産は地元でうわさされていたようです。
 Wikipediaの情報です
 マウントレースイ
 同地で炭鉱を操業していた大和鉱業により開設、その後夕張市と夕張市出資の第三セクターによって改修された。1988年に松下興産が約20億円で施設を買収し、約100億円以上を投じてホテル建設とコースの大規模な拡張を伴う再開発を行い、1991年にリゾートとして再開業した。この時に夕張駅前まで施設が拡大している。
 1990年代後半に松下興産の経営難が顕著となると、2002年に夕張市に売却(買い戻し)を打診した。当時の市長であった中田鉄治が26億円で購入し、再び夕張市の施設となった。2007年に夕張市が財政破綻すると、指定管理者を公募し、応募した加森観光が運営受託を担うようになった。
 2016年9月に夕張市は、夕張市が所有し、加森観光グループの夕張リゾートが運営するマウントレースイスキー場やホテルマウントレースイ、ホテルシューパロなどの宿泊施設を売却する方針を決定。2017年2月8日 中国系の元大リアルエステートの関連会社「元大夕張リゾート」に約2億4000万円で売却する契約を結ぶ。同3月には、加森観光から夕張リゾートの全株式を取得。同4月1日より、元大夕張リゾートの所有・運営となったが、2019年には香港の投資ファンドに再売却された。
 2020年3月には新型コロナウイルスに伴いホテルシューパロと共に休業に入り、また同年12月には2020年シーズンのスキー営業の休止と合宿の宿ひまわりの休業も追加された。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による利用客の減少により、当施設を運営する夕張リゾートが今後の事業継続は困難になったとして、同年12月24日付けで破産申し立てを行うことを発表した。

 (以上、Wikipediaより引用)

夕張リゾートHPの写真

      ■         ■
 立派なスキー場とホテルが破産です。
 100億円以上の投資をしてくれたのが、
 松下家の資産管理会社で
 松下グループに属した松下興産。
 私は知りませんでした。
 中学校時代を大夕張で過ごした
 元夕張市民として残念に思います。
 コロナ禍による倒産が少しでも少なくなることを願います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ