医学講座

ペットにかまれないように

 今日は2021年2月2日(火)です。
 昨日届いた形成外科という専門誌の記事です。
 克誠堂出版こくせいどうしゅっぱんから出ています。
 実は、
 日本で一番歴史がある形成外科専門誌です。
 日本形成外科学会誌より古くからあります。
 形成外科医にとって、
 とてもためになる記事があります。
      ■         ■
 今月号から、
 ペット咬創への初期治療と機能・整容の改善1―統計・総論,その他―の連載が始まりました。
 清川兼輔先生(日本形成外科学会理事長)の企画です。
 第64巻2号:近年,イヌやネコをペットとして飼う人が増え,特にコロナ禍の中,その数が急増した。それに伴い,今後はペットによる咬創がさらに増加し,患者の多くが形成外科を受診すると予想される。全国の医育機関より集まったペット咬創に関する30編超の報告を,4回に分けて掲載する。本号はその第1報(「企画にあたって」より)。
      ■         ■
 統計 動物咬傷570例の検討(安田圭ほか) 123
 総論① 動物咬創の治療方針(荻野浩希ほか) 131
 総論② 動物咬傷の初期治療と感染予防(荒川篤宏ほか) 138
 総論③ イヌ・ネコ咬傷の初期治療の検討―特にイヌ咬傷に対する顔面の整容的改善について―(大﨑健夫ほか) 143
 総論④ 顔面咬傷への初期治療と瘢痕形成―感染症の予防および整容面を考慮した外科的処置と鼻部再接着症例の長期経過―(大槻祐喜ほか) 151
 その他① Capnocytophaga感染症によって四肢切断を余儀なくされたイヌ咬傷の1例 (横田和典) 159
 その他② イノシシ咬傷(wild boar attack)の2例―イヌ・ネコ咬傷との違い― (牧口貴哉ほか) 164
 その他③ 口唇の重度損傷を伴うクマ外傷の1例―イヌ・ネコ咬傷との違いについて― (中嶋優太ほか) 170

      ■         ■
 形成外科以外の、
 救急医の先生にも読んでいただきたい内容です。
 私の院長日記にも、
 飼い犬に手をかまれる2013で、
 うちの奥さんが、
 そら君に咬まれたことを書いています。
 ペットはかわいいですが、
 小さな子供さんなどは危険です。
      ■         ■
 興味深い内容だったのが、
 犬種による事故の頻度です。
 さくらんぼさんには申し訳ございませんが、
 日本では柴犬の事故が多く、
 海外ではピットブルという犬種の事故が多いそうです。
 どんな犬でも咬むことはあります。
 くれぐれも用心してください。
 特に赤ちゃんには注意してください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ