医学講座

まつげ育毛剤

 昨日の院長日記でご紹介した、
 まつげ育毛剤がLatisseⓇです。
 ラティースとかラティッセと
 カタカナ表記で呼ばれるようです。
 2008年12月に米国FDAより、
 「まつげを長く濃くする薬」として初めて認可され、
 2009年1月から米国で販売が開始されました。
 有名な女優さんが使っているとの宣伝で、
 かなり売れているようです。
      ■         ■
 この薬の成分がビマトプロストという
 Prostaglandin F2α
 (プロスタグランディン・エフツーアルファ)誘導体です。
 日本でも厚生労働省から
 緑内障治療薬としての認可を受けています。
 日本では、ルミガンという商品名で、
 千寿製薬㈱が製造して、
 武田薬品から販売されています。
      ■         ■
 この薬を日本国内で緑内障治療に使用したところ、
 323 例中149 例(46.13%)に、
 睫毛の異常(睫毛が長く太く濃くなる)等の
 副作用が認められました。
 この副作用を利用して、
 まつげ育毛剤として米国FDAで承認されています。
 日本国内では、まつげ育毛剤としての承認は
 得られていません。
 ラティースの有効率は米国で70%以上と報告されています。
 点眼として使った時との違いの可能性もあります。
      ■         ■
 この薬を使用することにより、
 睫毛が長く太く濃くなることが期待できますが、
 使用を中止すると効果がなくなります。
 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、
 妊娠中は使用できません。
 妊娠によって使用を中止すると効果もなくなります。
      ■         ■
 心配な副作用です。
 点眼を続けると、
 虹彩や眼瞼への
 色素沈着(メラニンの増加)による色調変化が出ることがあります。
 これらは投与の継続により徐々に進行し、
 投与中止により停止します。
 眼瞼色調変化及び眼周囲の多毛化については、
 投与中止後徐々に消失、
 あるいは軽減する可能性があるが、
 虹彩色調変化については
 投与中止後も消失しないことが報告されています。
      ■         ■
 日本人はもともと目が黒い人が多く、
 ひとみが黒くなっても気付かないか?
 育毛剤として睫毛の付け根に使う限りは、
 問題になることは少ないようです。
 それよりも、
 つけ過ぎて、下まぶたにつくと、
 薬がついた部分の
 毛が濃くなることが報告されています。

 上まぶたの
 まつ毛の付根以外には
 つけないように注意して使用してください。
 もし、ついた場合には、すぐにふき取るか、洗顔してください。
      ■         ■
 効果がはっきり見えるまで
 少なくとも 2ヶ月間塗布を続けることが推奨されています。
 効果を持続させるには、
 継続して使う必要があります。
 使用を中止すると、
 数週間から数ヵ月かけて、
 まつげの平的的な毛周期に伴ない、
 徐々に元のまつげに戻っていきます。
 元のまつげ以上に短くなることは、
 今のところ報告されていません。
      ■         ■
 妊娠したら使えないし…
 止めたら元に戻るし…
 でも、
 エクステみたいに黒い長い太いまつげは、
 女性の憧れのようです。
 先日の日本美容外科学会で、
 実際に使っていらっしゃる女性の先生が、
 発表していらっしゃいました。
 正しく使えば安全で効果のあるお薬です。

“まつげ育毛剤”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    副作用についてよくわかりましたが、私のようなおばちゃんが無理して使う薬でもないようですね。緑内障でもないのに簡単に手にはいるのでしょうか?
    こうげん病の友人が飲んでいる薬は全身の毛が濃くなり 睫毛、眉毛ともすごく太くて長かったです。

  2. らずべりぃー より:

    1本、2本位、たまに抜けることがあります。あまり長くなっても困るので、一旦、休止してますが、毛根周期もあるので(抜けて生えかわる)またつけたほうがいいのかなって感じました。

  3. さくらんぼ より:

    へルペスの副作用とありましたが、角膜ヘルペスだけですか?わたしは口唇ヘルペスによくなるので 合わないですか?

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございました。ヘルペスの副作用は添付文書には書いてありますが、私は心配しなくても大丈夫だと思います。
    角膜ヘルペスも口唇ヘルペスも、ゾビラックスなどの良いお薬があります。早めに治療すれば快くなります。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ