医学講座

腹が立つこと

 私はよく(おこ)ります。
 (いか)ります。
 昨日も…
 患者さんを診察していて…
 同じ医師として…
 いかりを覚えました。
 震度7くらいでした。
      ■         ■
 診察にいらした若い女性。
 とても美しい方でした。
 多汗症が主訴です。
 あることがきっかけで、
 汗が多くなってしまいました。
 ある美容外科を受診して、
 手術を受けました。
      ■         ■
 吸引法による、
 腋窩多汗症手術です。
 そのクリニックの先生から…
 多汗症手術の時に、
 ボトックス注射も同時に受けないと…
 効果が出ないと説明を受け…
 手術日にボトックス注射をされたそうです。
      ■         ■
 手術とボトックスの両方を受け、
 費用もかなりかかったのに…
 効果はなく…
 おまけに切開部には…
 皮下縫合に使った…
 透明なナイロン糸(白ナイロン)まで…
 露出していました。
      ■         ■
 多汗症手術は難しく
 まして吸引法では治りません
 ボトックス注射はよく効きますが、
 慎重に投与しないと…
 思わぬ副作用もあります。
 私は多汗症手術とボトックスは、
 同時にはいたしません。
 どちらか先にするなら、
 ボトックスです。
      ■         ■
 売上優先
 広告を見て来院した患者さんはカモ
 一円でも多く使ってもらう…!
 そんな美容外科があります。
 同じ医師として腹が立ちます
 あんたたちを医者にするのに…
 一人あたり…
 数千万円の税金がかかったんだょ!
 …と言ってやりたい先生がいます。
 美容外科選びには、
 くれぐれも気をつけてください。

“腹が立つこと”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    ほんとに 本間先生は 患者さんの事を第一に考えてくださる誠実な医師だと思います。 いつも親身に私の相談にも返事をくださいます。まるで自分の家族のように、、 金儲けだけの悪徳医師がいるなら許せません。

  2. kanpei より:

    先生の思いに改めて尊敬の念を感じずにはいられませんでした。
    患者さんは前医にとても不幸な辛い経験をさせられましたが、先生に出会えたことできっと前に進んでいけると思います。

    体だけでなく、心までも傷つけるような医師が実際にいると思うと悲しくなります。

  3. くくるん より:

    所詮、そういうところで働いている人は、人の命や気持ちでさえも商売としか見てないんですかね。
    美容外科の先生でも、そこでは絶対に働きたくない、という人もいると思います。
    あと患者さんをカモにして働いてお金を得ている医師たちも、結局は経営者のいいカモになっているのかもしれない、とも私は思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    その通りです。悪魔に売る魂が無くなるとそこで働いていた人たちは転職か独立をします。医師免許や看護師免許を取り消される前に辞めるべきだと(私は)思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ