医学講座

数年に一度の猛吹雪2021

 今日は2021年2月16日(火)です。
 昨日は雨が降りました。
 札幌市に暴風雪警報が出ました。
 今朝は風はありませんでしたが、
 雨か雪が多くなるという警報です。
 気をつけます。
      ■         ■
 2021年2月16日、北海道新聞朝刊の記事です。
 道内16日から大荒れ 気象台「数年に一度の猛吹雪」
 急速に発達する低気圧の影響で、道内は16日から17日にかけて、広範囲で大荒れとなる見通しだ。札幌管区気象台などは石狩、宗谷、留萌など日本海側で16日は「数年に一度の猛吹雪となる見込み」として、暴風雪や高波、吹きだまりによる交通障害に警戒し、外出を控えるよう呼び掛けている。
 気象台によると、二つの低気圧が日本海側と太平洋側から発達しながら接近。太平洋側東部では16日未明から暴風や高潮に、日本海側や太平洋側西部では16日朝から暴風雪となる。その後、二つの低気圧はサハリン沖で合体して南下し、再び道内を通過する見通しで、17日も日本海側を中心に風雪が強まる。
 16日の最大瞬間風速は、太平洋側東部の海上で45メートル、日本海側と太平洋側西部の海上で40メートル、その他の陸上で35メートルと予想する。波も高く、太平洋側と日本海側南部で8メートルに達する見込み。17日正午までの24時間降雪量は日本海側の多いところで50センチ、太平洋側で40センチとなる可能性がある。
 気象台と開発局などは15日、暴風雪に対する緊急発表を行った。暴風雪による車の立ち往生や高潮による低い土地の浸水が発生する恐れがあり、「不要不急の外出を控えて」と呼びかけた。(金子文太郎)

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私が思い出すのが、
 亡きお父さんを思い…励ましに感謝
 2013年3月2日の暴風雪で、
 オホーツク管内湧別町の岡田幹男さん=当時(53)が亡くなった事故です。
 車で帰宅途中に暴風雪に見舞われ、
 視界のきかない中で遭難。
 翌朝、農業用倉庫の前で
 幹男さんが夏音さんにかぶさるように亡くなっているのが見つかりました。

      ■         ■
 お父さんがお嬢さんを守ったのです。
 TVドラマの北の国からでは
 主人公の黒板五郎さんを、
 吹雪の中で、
 犬が守ったシーンがありました。
 地元の人でも遭難します。
 本州からいらした方はくれぐれも気をつけてください。

“数年に一度の猛吹雪2021”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    山形も昨日は雨でしたが今日は小学校の屋根が飛ぶほどの風でした。雪の量は今日は少なかったのですが、明日からは多くなりそうです。先生も気をつけてください。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。山形は強風だったのですね。札幌は警報が出た割に強くありませんでした。今晩から雪が降ってきて積りそうな感じです。気をつけます。

  2. えりー より:

    防風雪の中で本当に悲しい
    事故でした。そしてお父様の自分の命より
    守りたい人がいる深いものを感じました。
    心からご冥福をお祈りいたします。

    低気圧の影響で今日は身体の不調を
    話している方が多かったです。
    なっちゅんさんも頭痛がないと
    良いのですが。
    停電や交通被害などの影響がないことを
    願いたいと思います。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。札幌市内の風は強くなかったようですが、道東や道北ではバスが横転するほどの強風だったようです。被害にあわれた地域の方にお見舞い申し上げます。これ以上被害が出ないことをお祈りしています。

  3. なっちゅん より:

    数年に一度の猛吹雪との
    報道で驚きました。

    今日は思ったほど
    雪は降りませんでした。

    今後も警戒し気をつけます。

    被害が無いことをお祈りしてます。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。太平洋側の地域や道東、道北で大変だったようです。バスが横転したほどの風に驚きました。これ以上の被害が出ないことをお祈りしています。

  4. なっちゅん より:

    えりーさん

    お心遣い、ありがとうございました^^

  5. ラズベリー より:

    岡田夏音さまへ
    このコメントを見てくれるといいなぁっと思って書いてます。
    今は17才で高校2年生とか3年生かな。
    お父さんは、暴風雪の中、このままだと娘も死んじゃうと思って、自分の薄手のジャンパーを脱いで、夏音ちゃんが雪が直接当たらないよう傘のように覆って、お父さんの体温こそが命の灯火であり、最大の愛情です。
    親を亡くしたら大学とか短大とかいけない?!。いえ、そんな事はありません。
    夏音さん、夢があるならどうか、諦めないで奨学金などありますよ。

    ①お母さんは病気で亡くなっている
    ②2008年3月は暴風雪による災害でお父さんは亡くなっている
    病気や災害で親を亡くした遺児が【あしなが育英会】の奨学金の支給や貸与を受けて、大学に通えます。遺族年金と合わせて是非、夢があるなら叶えて欲しいです。
    公的機関、民間の企業の方、夏音さんを支援してあげて欲しいです。

    北海道・暴風雪から娘を守るため10時間抱き続けた父の最期|NEWSポストセブン

    【あしなが育英会とは】
    大学等に進学を希望している、病気、災害、自殺など自動車事故以外で保護者を亡くしたり、保護者が重度障害で働けないことから、経済的に苦しい遺児に奨学金の貸し出しを行っています。

    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございます。もう高校生になっているんですね。お嬢さんを守ったお父様も寒かったと思います。きっと立派に成長されていることと思います。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ