昔の記憶

世界の大浦

 何度も書いています。
 私は1980年に札幌医大を卒業して、
 北大病院の研修医になりました。
 当時は卒後すぐに入局(にゅうきょく)といって、
 自分が専攻する科に入りました。
 私が選んだのが、
 大浦武彦先生の形成外科です。
      ■         ■
 何人かの先輩に相談して決めました。
 :形成外科に入ることにしました。
 あぁ、大浦先生の…
 世界の大浦と呼ばれている先生ですよ、
 これからの学問です。
 良いところに入られましたね、
 がんばってください。
      ■         ■
 こう言ってくださったのが、
 北大医学部の高桑栄松(たかくわえいまつ)教授でした。
 高桑先生は、
 後に公明党から参議院議員なられました。
 高桑先生は、
 衛生学がご専門です。
 医学部長も歴任されました。
      ■         ■
 あとから気づいたことですが…
 当時の大浦先生は、
 北大医学部の中で、
 基礎医学の先生からも信頼されていました。
 医学部の偉い先生も、
 形成外科はこれからの学問と、
 サポートしてくださったのだと思います。
      ■         ■
 大浦先生は、
 よく国際学会へ出席されていました。
 北大形成外科へは海外からも、
 たくさんの先生がいらっしゃいました。
 韓国や中国、
 ブラジル、
 フィリピン、
 パプアニューギニア、
 モンゴル、
 たくさんの留学生が来ました。
      ■         ■
 米国から研修にいらした先生もいました。
 形成外科の医局は、
 国際色豊かでした。
 医局が一つの家庭のようであり、
 先輩や後輩は、
 兄弟でした。
 良い環境だったと思います。
      ■         ■
 昔の医局制度には、
 問題もあったと思いますが、
 私くらいの年代になると、
 古き良き時代に感じます。
 大浦武彦先生から教えていただいたのは、
 形成外科の技術だけではなく、
 世界中の人と仲良くし、
 常に広く世界を見るという目です。

“世界の大浦”へのコメント

  1. hiro より:

    2度目のコメントお許しください。大浦先生には、私も患者として大変お世話になりました。先生が北大を退職されてからは。ほとんどお会いする機会もなかったのですが、偶然何度かお会いした時にはお声をかけてくださいました。ここ10年ほどは、私自身の形成外科での治療がすべて終わり、北大に行くこともなくなったので偶然でもお会いすることはなかったのですが、私事ながら母の入院先の病院のことで困ったことが起き、どこに相談してよいかわからず、失礼かもしれない…と悩みながらも、大浦先生にお手紙でご相談したところ、突然の前触れもないご相談だったにもかかわらず、お忙しいなか親身になって対応して下さったことに本当に感謝しております。
     

  2. まみ子 より:

    私も大浦先生が大好きで尊敬しております。とても80歳とは思えないピチピチお肌の品のある先生です。1年に2回くらい学会でお会いしご挨拶をさせて頂いております。

    「世界の大浦先生」にご挨拶できる自分は幸せ者です。

    大浦先生つながりですが・・・明日で当院の理事長は70歳になります。
    かなり若く見える70歳です。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ