医学講座

第119回日本美容外科学会(東京)②

 第119回日本美容外科学会で印象に残った発表です。
 日本医大形成外科、長嶋有紀先生の、
 乳房注入異物の画像診断(ワセリンからヒアルロン酸)まで
 おっぱいを大きくしたいという…
 女性のお気持ちは理解しているつもりです。
 それにしても…
 患者さんも…
 ちょっと考えてくれたらよかったのに…
 ひでーことをしやがる医者
 わけのわからないものを入れる医者がいるもんだ
 …と感じました。
      ■         ■
 日本医大形成外科・美容外科は、
 昔から注入異物の研究に熱心です。
 私も…
 おっぱいに入れた異物を…
 取り出す手術をしたことがあります。
 形成外科勤務医をしていた時代です。
 乳線外科の先生は、
 おっぱいの異物除去はなさらないようです。
      ■         ■
 昔注入されたシリコンを摘出すると、
 手も手術器械もシリコンだらけになります。
 シリコンが手につくと、
 ベタベタになります。
 床に落とすと…
 床が滑って危険です。
 シリコンが入った充填剤がすべるのと同じです。
      ■         ■
 医師ではない人が、
 もぐりで注入するのもあるようです。
 中国製の【奥美定】という名前の注入剤も
 長嶋有紀先生のスライドにありました。
 自分の身体に
 得体の知れない物は入れないでください
 ヒアルロン酸注入豊胸も安全だと思わないでください
      ■         ■
 日本医大形成外科では、
 CT、MRIなどの画像診断で注入異物を検査して、
 実際に手術で取り出した異物の解析と照合しています。
 MRIでこんなふうに写ると…
 中に入っているのはシリコンの疑いがあります。
 ポリアクリルアミドだとこんな画像になります。
 …という研究をなさっています。
      ■         ■
 今回の学会発表で私が驚いたのは、
 安全といわれているヒアルロン酸を注射したおっぱいは
 専門家が見ても…
 初期の乳がんとの鑑別が難しいということです。
 ヒアルロン酸は吸収されるから安全というのは
 どうやら間違いのようです
      ■         ■
 ヒアルロン酸を注入する時に、
 何箇所にも分けて注入する方法があります。
 丸くて形の良いおっぱいを作るためです。
 その何箇所にも分けていれたヒアルロン酸…
 小さな丸い白い陰になって写ります。
 これが…
 初期の乳がん診断のじゃまになります。
      ■         ■
 乳がん検診を受ける時に…
 私、昔ヒアルロン酸を注射しました
 …と言う人はいませんね。
 『えっ?何回いれたか…?』
 『覚えてません』
 『だってヒアルロン酸って吸収されるんじゃないんですかぁ…?』
 『すぐにしぼんじゃったしぃ…』
 『え~ん、ぇ~ん』
 『私、乳がんで死んじゃうんですかぁ…?』
      ■         ■
 なんてことにならないように祈っています。
 吸収されると思っていたヒアルロン酸豊胸で…
 乳癌の発見が遅れるなんて…
 どこの美容外科のHPに書いてありました?
 不安になった方は、
 文京区千駄木の日本医科大学付属病院形成外科です。
 ケロイド治療でも有名な病院です。
 第8回瘢痕・ケロイド治療研究会でご紹介しました。
 日本医大形成外科、長嶋有紀先生は、
 信頼できるやさしい女性の先生です

“第119回日本美容外科学会(東京)②”へのコメント

  1. さくらんぼ より:

    私も毎年マンモを受けていますが、ヒアルロン酸で豊胸した人は大変ですね。でもこのブログを読んだ方は注意できますよね。 よく膝痛にヒアルロン酸注射しますが、骨肉腫が見つかりにくいとかあるのでしょうか?
    【札幌美容形成外科@本間賢一です】
    コメントをいただきありがとうございました。腰痛や膝痛にヒアルロン酸注射をしても大丈夫です。乳房は柔らかい組織でヒアルロン酸注射をした部位が周囲と同じような濃さに写るので早期乳癌が見つかりにくいらしいです。脂肪注入で石灰化した部位も同じことのようです。ヒアルロン酸は吸収されるので安全というのが間違っていたということです。

  2. なっちゅん より:

    胸にヒアルロン酸、初耳でした
    怖いですね

  3. ラズベリー より:

    ヒアルロン酸はいくつか種類があるんですよね。私自身、豊胸に興味はないですが、豊胸目的の方は大量に入れるんですよね。
    吸収されずに多少残るのでしょうか。

コメントをどうぞ

コメントはこちらへ

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ