医療問題

残念な結果

 残念なことという院長日記を、
 2006年12月11日に書いています。
 『形成外科医はキズを治すプロです』
 と偉そうなことばかり言っても
 治らないことがあります。
 手術結果が思わしくないこともあります。
 米国形成外科学会誌の編集長を長くなさった、
 R.M. Goldwyn先生が…
 The Unfavorable Result in Plastic Surgery
 Avoidance and Treatment
 という本を書かれています。
      ■         ■
 形成外科手術の残念な結果
 どうしたら防げるか?どうやって治すか?
 …と訳してみました。
 日本でも、
 米国でも、
 不満足な手術結果はあります。
 手術をすればするほど、
 簡単な手術はないことを実感します。
 山形大学の事故もまさに、
 形成外科手術の残念な結果です。
      ■         ■
 私自身も、
 30年も形成外科をやっていると…
 残念な結果があります。
 自分にもう少し技量があれば、
 回避できたのに…
 と反省することもあります。
 毎日、
 残念な結果を出さないように、
 気持ちを新たにして手術をしています。
      ■         ■
 よく学会に参加するのも…
 常に最新の技術を学ぶためです。
 残念な結果で、
 一番苦しむのは患者さん本人。
 真面目な術者なら、
 手術結果が不満足だと悩みます
 どうしたら防げたか?
 これからはどうやって治そうか?
 …と考えて進歩します。
      ■         ■
 たとえ大学医学部の主任教授でも、
 大学の体制が原因で起きた問題は、
 体制を変えなければ解決できません。
 山形大学整形外科の荻野利彦先生は、
 形成外科のよき理解者です。
 私は、
 今の山形大学の体制では、
 形成外科の診療が充実しているとは思えません。
      ■         ■
 山形大学の医療事故は、
 形成外科の診療体制ができていれば、
 防ぐことができた可能性があります。
 荻野先生の裁判を通じて…
 形成外科の必要性がアピールできました。
 敗訴は残念でしたが、
 この裁判は無駄ではなかったと思います。
      ■         ■
 残念なのは
 裁判を起こしても体制が変わっていないことです。
 荻野先生という素晴らしい先生を、
 がっかりさせてしまったことです。
 先生は手の外科の名医です。
 の先天異常の、
 OGINO分類は世界中に認められています。
 先生、どうか元気を出してください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ