医学講座

美容外科へ行く時の準備(お薬編)

 美容外科も医療機関です。
 他の病院を受診する時と同じように、
 準備する必要があります。
 今まで何も病気をしたことがない人。
 家族や血縁に
 大きな病気をしたことがない人は、
 特別な準備は要りません。
      ■         ■
 現在、医療機関から…
 お薬をいただいている人や、
 過去にお薬で薬疹(やくしん)などの、
 副作用が出た人は、
 お薬に関する資料をご持参ください。
 保険医療機関であれば、
 平成22年4月から、
 詳しい診療内容を書いた
 紙をくれるところがあります。
      ■         ■
 注射による治療を受けていても、
 診療内容を書いた紙には、
 薬剤名が書いてあります。
 調剤薬局から薬をいただくと、
 お薬手帳をくれるところもあります。
 その手帳を見ると、
 投薬内容がよくわかります。
      ■         ■
 うつ病で通院治療中…
 …なんてことは、
 あまり人に言いたくない場合もあります。
 でも、
 ある種の向精神薬(こうせいしんやく)で、
 妊娠しているわけでもないのに…
 おっぱいが出ることもあります。
 高プロラクチン血症という状態になっています。
      ■         ■
 高齢者の方は、
 血液をさらさらにする薬を内服していることがあります。
 昔は、
 手術の一週間前から、
 血液をさらさらにする薬を中止していました。
 今は、
 血液をさらさらにする薬の種類や量によっては、
 中止しないで手術をすることもあります。
 内科の先生と相談して決めたり、
 検査データーを見て決めます。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 80歳台の患者さんの手術もしています。
 80歳を超えていても、
 60台にしか見えない方もいらっしゃいます。
 お薬をまったく内服していない人も、
 たくさんの薬をのんでいる人もいます。
 正しいお薬の情報を知ることで、
 手術ができるかできないか…?
 …の判断も分かれます。
 お薬手帳をお持ちでしたら、
 必ずご持参なさってください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ