院長の休日

私も眼瞼下垂の手術を受けます②

 私の手術は明日(12月1日)です。
 手術を受けるために東京へ来ました。
 どこで手術を受けるかは、
 主治医の許可があれば公開します。
 私が信頼している先生で、
 私と同年代の男性の先生です。
      ■         ■
 私が手術を決意したきっかけは、
 昨日の院長日記に書いた学会
 蛍光灯の交換の他にもあります。
 2010年8月に、
 法事で弟に会いました。
 まぶたの形と遺伝①という  
 2010年9月17日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 弟は私より3歳年下です。
 私以上に眼瞼下垂の症状が見られました。
 弟に手術したらよくなるょ…
 …と言いました。
 休みを取って札幌に来たら?
 『休み取れないょ』
 弟の目と同じになっている、
 自分の目に気付きました。
      ■         ■
 遺伝とは、
 恐ろしいものです。
 私は、とにかく肩というより、
 首が痛いです。
 首の付け根(後ろ)が痛いです。
 うなじの奥が痛いです。
 よく首を後ろにそらせて、
 首をこきこきしています。
      ■         ■
 私の背中を押して、
 手術を決意させてくださったのが、
 私がお世話になって、
 私が手術をさせていただいた、
 看護師長さんでした。
 おかげ様で…
 楽になりました。
 先生もなさったらいいのに…
      ■         ■
 励ましのメールやコメントをいただき、
 ありがとうございました。
 明日から、
 しばらくは本日休診とさせていただきます。
 メールのご返事も書けないと思います。
 ご迷惑をおかけいたしますが、
 何卒よろしくお願い申し上げます。

hoji
弟53歳、私56歳
TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ