医学講座

こわがらないでください

 東京電力福島原子力発電所では、
 懸命の作業が続いています。
 命がけで作業に従事していらっしゃる、
 すべての方に感謝いたします。
 一刻も早く…
 回復させていただきたです。
      ■         ■
 今は…
 世界中が…
 FUKUSHIMAを注目しています。
 海外へ脱出する人、
 帰国する留学生、
 外国から、
 日本は危険だと思われています。
      ■         ■
 放射線は、
 確かにこわいですが、
 医学は放射線によって進歩しました。
 毎日、報道されている、
 各地の放射線量を見てください。
 マイクロシーベルトという単位です。
 福島県内でも、
 正常値のところがあります。
      ■         ■
 病院で行われるCT(しーてぃー)検査。
 私が医師になった30年前は、
 大きな病院でも…
 一台あればいいほうでした。
 CT検査に、2週間待ちなんて…
 ざらにありました。
 昔のCTは頭部だけでした。
 それも今は考えられないほど劣悪な画質でした。
      ■         ■
 このCT検査…
 ふつうのX線撮影に比べると…
 被曝線量が多いのです。
 CT検査の被曝線量は、
 ミリシーベルトの単位です。
 CTが普及して何十年にもなりますが、
 CTで癌になったとは聞きません。
 妊婦さんでも…
 必要があればCTを撮ります。
      ■         ■
 そう考えると…
 福島から来た人が危険だなんて…
 失礼なことです。
 困った時はお互いさまです。
 私は、
 避難された方がいらしたら、
 北海道のあたたかい温泉に入っていただき、
 あたたかいご飯を差し上げたいです。
 医療が必要な方には、
 喜んで治療して差し上げます。
      ■         ■
 原発で作業をしていらっしゃるみなさん。
 ほんとうにお疲れ様です。
 もう少しです。
 最後まであきらめないで、
 日本を守ってください。
 もし万一事故にあわれて、
 治療が必要になれば、
 私は真っ先にお手伝いしたいと思います。
 札幌から、
 みなさんのご無事をお祈りしています。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ