医療問題

多汗症ボトックス注射料180円

 厚生労働省は、
 2012年11月21日、
 ボトックスの重度の原発性腋窩多汗症へ効能追加を承認しました
 簡単に言うと…
 ワキ汗で悩んでいて…
 日常生活に支障がある人には…
 健康保険でボトックス治療をしてもいいですょ…
 …という承認をしたのです。
      ■         ■
 先生、じゃあ今まで自費で8万円もしていたのが…
 保険でできるようになったの…?
 はい、その通りです。
 メーカーが主催する講習会に参加するか、
 申請をして…
 IDとパスワードをもらって…
 WEB講習でEラーニングをすると…
 ワキボトックスが保険でできるようになりました。
      ■         ■
 じゃあ…
 すぐにしてもらえるの…?
 はい、Eラーニングによる講習を受けました。
 WEB上で簡単なテストもありました。
 それにも合格しました。
 ただ、一つ大きな問題があります。
 保険医療機関が請求できる注射料は、
 両脇で180円だけです。
      ■         ■
 180円というのは…
 看護師さんが外来で…
 『ちょっとちくっとしますょ…』
 『はい、終わり』
 …という簡単な皮下注射の料金です。
 医師一人と…
 看護師1~2人で…
 30分もかかってするわきボトックスが…
 180円では完全に赤字です。
      ■         ■
 注射料の他に…
 初診料なども請求できますが…
 それでも赤字です。
 どう考えても国が決めることは変です(怒!)
 現場のことを考えていません。
 札幌美容形成外科でも…
 この180円問題をクリアーできなければ…
 保険でわきボトックスを開始できません。
      ■         ■
 保険でわきボトックス治療をすると、
 自己負担分は約3万円となります。
 この大部分が薬剤料です。
 保険で使えるボトックスは日本では1種類しかありません。
 もちろん後発品もありません。
 値引きもほぼありません。
 こんな承認の仕方は…
 末端の医療機関にするな!
 …と言っているのと同じです。
 自民党の勝沼栄明議員になんとかしていただきたいです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ