医学講座

顔で傷が目立ちやすい部位①

 キズが目立ちやすい部位
 …という院長日記を、
 2009年8月26日に書いています。
 今日は…
 顔の中で…
 傷が目立ちやすい部位についての解説です。
      ■         ■
 美容整形で手術をすると傷が残らない…???
 美容外科で名医が手術をすると…
 傷がわからなくなる…
 …という誤解があります。
 どんな名医が手術をしても、
 傷は残ります。
 目立ちやすい部位と目立ちにくい部位があります。
      ■         ■
 顔で傷が目立ちやすいのは…
 動きが大きな部位です。
 口は毎日動きます。
 上口唇や…
 下口唇は…
 ものを食べたり、
 笑ったりすると大きく動きます。
      ■         ■
 唇裂という病気があります。
 生後3ヵ月頃に手術をします
 傷が目立たないように…
 抜糸をした後も3ヵ月間程度は…
 口唇から頬にかけて長いテープを貼ります。
 授乳でも傷に力がかかるので、
 先が細い特殊な哺乳瓶を使います。
      ■         ■
 大人で3ヵ月もテープを貼るというと…
 たいていの人は、
 え~っ???
 3ヵ月も貼るんですかぁ~?
 …と言われます。
 創が安定するまでの間…
 傷に負荷がかかると赤く盛り上がります。
      ■         ■
 美容外科の傷が目立ちにくいのは…
 傷が目立たない部位を『切る』からです。
 交通事故などでけがをすると、
 目立つ部位にも傷ができます。
 少しでも目立たなくするためには、
 テープ以外にもいろいろな方法を使います。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ