医学講座

病院でえらくなる?

 医学系の大学や専門学校は、
 失業のリスクが少ないので…
 全国的に人気があります。
 特に看護職は…
 診療報酬制度が変わったこともありますが、
 私が医師になってから…
 格段に待遇が良くなりました。
      ■         ■
 私の父が現役の頃は…
 病院では…
 院長
 事務長
 薬局長が…
 病院の3役だったと記憶しています。
      ■         ■
 法律上の管理者が院長
 病院の全責任を負います。
 事務系で…
 病院の金銭管理から、
 資金計画までを担当するのが事務長
 薬局長は…
 薬価差益が病院の収入源の一つだったのが理由だと思います。
      ■         ■
 時代は変わりました。
 看護師の職位
 …という2008年1月12日の院長日記に書きました。
 看護職は飛躍的に昇進しました
 札幌市の場合は、
 理事(局長職)に看護職のトップが就いています。
 看護職が病院幹部になりました。
      ■         ■
 一般の会社でしたら、
 昇進試験を受けて…
 係長
 ↓
 課長
 ↓
 部長
 …と昇進するとおめでたいことです。
      ■         ■
 病院では…
 もちろん昇進はすごいことですが…
 昇進すると患者さんのそばから離れます。
 病院幹部は…
 正直なところあまり楽しそうではありません。
 開業医になって『常に患者のそば』
 …という2012年2月28日の院長日記に書きました。
 大きな病院になると…
 会議や出張で患者さんのそばから離れます。
      ■         ■
 私のように…
 個人経営のクリニックになると…
 診療はもちろん…
 給与計算から資金計画、納税まで…
 すべて私の担当となります。
 良いことばかりでもありません…
 クレームや苦情もいただきます。
      ■         ■
 これから医療人を目指す方には…
 しっかりと勉強していただき…
 知識と技術を身につけていただきたいです。
 社会人入学をなさった同級生から…
 たくさんの常識を教えてもらってください。
 医療は楽しいことばかりではありません。
 つらいこともあります。
 病院で偉くならなくても…
 常に患者さんのそばにいて…
 困っている人のために働けることが…
 いいことだと思います。
 医学の勉強は楽しいですょ。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ