医学講座

眠れない時にどうするか…?

 私は現在58歳です。
 じじいです。
 歳をとりました。
 若い頃は…
 試験が終わったら一日中眠っていたい
 明日試験なのに…
 また寝ちゃった…
 …とにかく眠たかったです。
 どこでも眠れる特技を持っていました。
      ■         ■
 今は睡眠時間が短くなりました。
 朝も早く目が醒めます。
 犬と同じくらい早起きです。
 夜の睡眠時間が短い分だけ…
 ちょっとの間でも爆睡しています。
 一番迷惑をかけているのが床屋さんです。
      ■         ■
 そんな私でも…
 眠れない時があります。
 私は…
 眠れなくても目を閉じてじっとしていれば…
 身体は休まるさ…と考えていると自然と眠れます。
 この程度で済む人は大丈夫です。
      ■         ■
 問題は眠れないことで…
 身体が不調になる人です。
 心のキズあと
 …という2007年1月7日の院長日記に書きました。
 私は学生時代に精神科医になろうと考えた時期がありました。精神神経科の講義で‘心の赤字’という言葉を聴きました。人間はさまざまなストレスを受け‘心の赤字’ができます。この赤字が軽度のうちは日常生活にも支障がありませんが、どんどん増えて行くと、眠れなくなったり、体調がわるくなったりして病気になります。
 あまり知られていないことですが、救命救急センターに搬送される患者様の中には、心の病気が原因で自傷行為をしてしまう方もいらっしゃいます。外傷の治療と平行して、精神的な治療も必要になってきます。
      ■         ■
 形成外科医として働いた四半世紀の間に…
 たくさんの眠れない患者さんを治療しました。
 私のおすすめは…
 精神神経科の先生です。
 薬の使い方が実に上手です。
 前日まで眠れなくて…
 30分ごとにナースコールを押していた人が…
 朝までぐっすり眠ってくれました。
      ■         ■
 精神神経科の先生にもいろいろな先生がいます。
 美容外科以上に…
 ♡先生との相性♡が大切だと思います。
 薬の処方も先生によって微妙に違います。
 もし私が羊を1500匹まで数えても眠れなかったたら…
 私は迷わず精神神経科を受診します。
 私のおすすめは、
 同級生の三浦統(みうらおさむ)先生です。
 帯広でこぶしクリニック帯広を開業しています。
 ご自宅の近くで…
 ♡相性のいい♡精神神経科の先生を見つけてください。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ