医学講座

心の赤字

 昨日の院長日記
 眠れない時にどうするか?でご紹介した、
 心の赤字
 精神神経科の講義はすべて忘れてしまったのに…
 ず~~っと私の頭の中に残っています。
 私は学生時代に精神科医になろうと考えた時期がありました。精神神経科の講義で‘心の赤字’という言葉を聴きました。人間はさまざまなストレスを受け‘心の赤字’ができます。この赤字が軽度のうちは日常生活にも支障がありませんが、どんどん増えて行くと、眠れなくなったり、体調がわるくなったりして病気になります。
      ■         ■
 私に心の赤字の講義をしてくださったのは、
 札幌太田病院の太田耕平先生でした。
 太田先生は札幌医大精神神経学講座の非常勤講師で、
 ご多忙な院長業務の間に…
 私たち学生の講義にいらしてくださいました。
      ■         ■
 他の先生の言葉は忘れてしまったのに…
 太田先生の心の赤字だけは…
 40年近くたっても忘れていません。
 ネットで心の赤字を検索してみると…
 山形の上杉鷹山うえすぎようざんの言葉だったと知りました。
 米沢藩の有名なお殿様です。
 江戸時代に財政再建をされました。
      ■         ■
 太田耕平先生の講義では、
 人間は心の赤字を減らすために…
 家族の力を借りたり…
 友人の力を借りたり…
 悩みを聞いてもらったり…
 さまざまなことで赤字を減らす…
 …と記憶しています。
      ■         ■
 私は形成外科医になって…
 美容外科医になって…
 自分の身体が原因となって…
 心の赤字となっている人を診ています。
 くさい
 目つきが悪い
 にらんでいる
      ■         ■
 自分には何の責任もないのに…
 身体的特徴のためにいじめられ
 心の赤字が増えている人がいます。
 私自身が…
 本間は目つきが悪いから
 …と言われたことがあります。
      ■         ■
 【整形】をすすめるのではありません。
 自分ではどう努力しても治せない身体的特徴が原因で
 心の赤字が増えている人は…
 ちょっと勇気を出して、
 意を決して
 美容形成外科を受診するのも一つの方法だと考えています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ