医学講座

第57回日本形成外科学会【長崎】①

 今日から日本形成外科学会です。
 長崎は快晴のよい天気です。
 学会会場まで歩いて行く途中で、
 パンジーがたくさん咲いていました。
 マンションの花壇には、
 チューリップが咲いていました。
 札幌の5月です
 日本は広いです。
      ■         ■
 今日の学会では、
 午前中は教育講演を聴きました。
 34年も形成外科医をやっていますが、
 時代は進歩しています。
 昨日まで最新の治療で、
 これがベストだと思っていたのに…
 気がついてみると時代遅れ…
 こんなことになると大変なので勉強です。
      ■         ■
 今日一番衝撃だったのが、
 教育セミナー4
 血管腫・血管奇形の最近の治療
 斗南病院形成外科
 佐々木了(ささきさとる)先生の講演です。
 斗南病院は近くの病院で、
 よく患者さんをお願いしている先生です。
      ■         ■
 佐々木了先生は、
 血管腫・血管奇形のスペシャリストです。
 朝日新聞にも掲載され、
 全国から札幌に患者さんが来院されています。
 優秀な先生です。
 2009年3月1日の院長日記でもご紹介しました
      ■         ■
 形成外科医が血管腫のスペシャリストなのは…
 手術で血管腫を摘出したり…
 レーザー治療をするからです
 今日の講演で衝撃だったのは、
 乳幼児の血管腫は…
 レーザーでも手術でもなく…
 飲み薬で治すということです。
      ■         ■
 プロプラノロールという飲み薬があります。
 昔からある薬です。
 2008年にフランスではじまった治療だそうです。
 乳幼児の血管腫には、
 このプロプラノロールが効く例があります。
 効かない例には、
 レーザーとの併用が効果的だそうです。
      ■         ■
 すべての血管腫・血管奇形に効果があるのではないようですが、
 これからの治療として第一選択になると思います。
 私は…
 もし自分の身内に血管腫の赤ちゃんがいたら…
 まずどんな治療法がいいか、
 斗南病院形成外科の佐々木了先生に相談します。
 時代も進歩したものです。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ