医学講座

下眼瞼変形の原因④(注入物)

 下まぶたの変形シリーズ4です。
 どんなに上手な形成外科医でも…
 治療に難儀するのが…
 注入物による変形です。
 注入異物の研究では、
 日本医大形成外科が有名です
      ■         ■
 私が北大形成外科でコラーゲンの担当をした30年前から、
 下まぶたに注入が行われていました。
 もっと昔から…
 さまざまな治療が繰り返されてきました。
 下まぶたのシワは…
 昔から女性の悩みの種です。
      ■         ■
 若い先生はご存知ないでしょうが…
 さまざまな異物が注入された歴史があります。
 オイル状のシリコンや…
 パラフィンなどという…
 絶対に注射してはいけないものを…
 素人が注射したこともあります。
 高須先生が苦労して治療なさった扇風機おばさんも有名です
      ■         ■
 私は…
 下まぶたには…
 ボトックス以外の注射はしていません。
 後遺障害が怖いからです
 慣れない先生が注射をして…
 コラーゲンでも凹凸になった人がいました。
 コラーゲンのいいところは、
 吸収されると戻るところでした。
      ■         ■
 吸収されない注入剤が出て、
 しこりが残って困る人が出てきました。
 アクアミド、
 ダーマライブ、
 いろいろな材料が輸入されていました。
 現在はヒアルロン酸が主流です。
 若い女性がよく涙袋を作っています。
      ■         ■
 ヒアルロン酸は吸収されると言われてきました。
 私は吸収されないと思います。
 コラーゲンとはまったく違った変化をします。
 長く残っています。
 一番問題なのは、
 いろいろなクリニックで、
 いろいろなものを注入された患者さんです。
 ご自身でもいつ何を入れたか覚えていません。
 偽名で受診する人もいます。
      ■         ■
 私が一番危惧するのは、
 フィブラストスプレーの注射です
 さまざまな名前で呼ばれています。
 自分の血小板を注射したつもりが…
 フィブラストスプレーが入っていることもあります。
 劇的な変化が長く続くのが怖いです
 副作用が出ても長く続きます
      ■         ■
 問題なのは…
 ヒアルロン酸注射を受けた人に
 フィブラストスプレー入りの注射をすることです
 患者さん本人が、
 ヒアルロン酸のことを言わなかったり、
 忘れていることもあります。
 残っているヒアルロン酸に、
 フィブラストスプレーが入ると、
 通常よりもずっと長く作用時間が延びることがあります
      ■         ■
 ドラッグデリバリーシステム(DDS)という研究があります。
 ある種の薬剤と、
 ヒアルロン酸を混ぜることにより、
 通常よりも作用時間を延長させる効果です。
 ヒアルロン酸注射を受けた人に
 フィブラストスプレーを注射すると
 しこりになったり腫れが出ることが
 業界の裏話しとして語られています
 どんなに優秀な形成外科医でも、
 神の手の美容外科医でも、
 フィブラストスプレーの副作用を治すのは難しいです。
 くれぐれも注意なさってください。 

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ