医療問題

品川美容外科の「糸によるフェイスリフト術」問題

 医療事故情報センター、
 センターニュース2014年7月1日号です
 寄稿
品川美容外科の「糸によるフェイスリフト術」問題に対する取組み
品川美容外科糸リフト被害対策弁護団 三枝恵真(東京弁護士会)
1.美容医療におけるトラブルの増加
 近年、美容や癒しに対する意識の高まり等を背景として、美容医療に対する需要が増加しており、それに伴いトラブル例も増加しています。インフォームド・コンセントに関するトラブルも多く、厚労省は、「美容医療サービス等の自由診療におけるインフォームド・コンセントの取扱い等について(平成25年9月27日医政発0927第1号)」により、インフォームド・コンセントに関してとくに留意すべき事項を定めましたが、現在に至るまで、美容医療における施術内容や危険性についての説明不足が原因と考えられるトラブルは後を絶だない状況にあります。
2.「糸によるフェイスリフト術」とは
 一般に、フェイスリフト術は、頭部や顔面の皮膚を切開・剥離し、スマスという筋膜を引き上げて皺やたるみを修正する外科手術です。
 これに対し、いわゆる「糸によるフェイスリフト術」と呼ばれるスレッドリフト術(フェザーリフト術)は、特殊加工された糸を特殊な針を使って皮下組織に埋め込む手術で、糸に付いた折り返しやコーンの皮下組織に対する引っ掛か引こよって、皮下組織でたるみを持ち上げる効果を得ます。その効果の程度及び持続期間は、切開を伴うフェイスリフト術に比べると限定的であって、顔のたるみについて現状維持を図り、それ以上に顔にたるみを生じさせないという程度のものとなります。

  糸によるフェイスリフト術の術後合併症としては、皮下組織に刺入した糸が顔面の知覚神経や筋(膜)と接触することによる持続的疼痛、感染、糸の露出、糸断端の触知・突出、糸に沿った線状陥凹や、刺入部・刺出部のへこみ、糸剌入部の疵痕性脱毛などがあります。
そもそも緩やかな効果しか得られるものではなく、患者の予想や期待との齟齬が生じるという問題点もあります。
3.弁護団結成から集団提訴・行政要請へ
1)美容医療に問するトラブル増加の実態を受け、医療問題弁護団(東京)が平成25年10月12日に「美容医療ホットライン」を実施したところ、1日で74件の美容医療に問する相談が寄せられました。中でも、品川美容外別科「糸によるフェイスリフト術」に問する相談が24件と集中したため、弁護士有志15名(現在は19名)で「品川美容外科糸リフト被害対策弁護団」を立ち上げました。
2)品川美容外科による施術の問題点は、その勧誘方法やインフォームド・コンセントのための説明義務が適切に行われていないところにあります。
 インターネットやフリーペーパーで積極的に広告を行い、割引券の配布等により、割安感を強調して顧客を誘引し、多くの患者はこれらの割引券等を利用してヒアルロン酸注射やボトックス注射などの施術を受けに行っていました。そのような患者に対し、顔の皺・たるみ等の根本治療として「糸によるフェイスリフト」を勧め、「モニター価格」や「誕生月割引」、「今日受けるなら」等として大幅なディスカウントをして、当日中に施術を受けるよう説得し、また、「糸によるフェイスリフト術」は、簡単なものでダウンタイムも短い等の点もアピールしていたようです。全国的にどのクリニックでも同様の方法、文言で、患者を勧誘している点も特徴です。
 相談者は、術後、施術の効果がほとんど無かったのみならず、長期間持続する痛みや引き攣れ・瘢痕・脱毛・糸の突出を生じるという深刻な健康被害を受けていましたが、施術内容や効果、合併症に対する術前説明はほとんど行われていませんでした。
3)当弁護団では、被害者の一括救済、再発防止のために集団提訴の方針を選択し、2014年4月23日、原告13名が、品川美容外科等を開設する医療法人社団翔友会を被告として、損害賠償等を請求する訴訟を東京地方裁判所に提起しました。
 同時に、美容医療全体の安全性向上を目指して、厚生労働省に対しては、美容医療に開するインフォームド・コンセント実現及び安全性確保のための施策を実施、消費者庁に対しては、美容医療に開する不当表示の防止の施策を実施することをそれぞれ要望する要望書を提出しています。
4.今後の活動目標
 提訴後の2014年4月26目、当弁護団が「糸によるフェイスリフト電話相談」を実施したところ、73伴の被害相談が寄せられ、うち70件が品川美容外科・品川スキンクリニックの施術に関するものでした。
 このように、潜在的被害者は数多く存在すると思われ、また勧誘やインフオームド・コンセントの問題は、美容医療全般に共通する問題点でもあります。私達は、個別原告の被害回復はもちろん、それに留まらず、再発防止に向けた解決(通達の明確化や行政指導)も目指していきたいと考えています。

      ■         ■
 美容外科にたずさわる者の一人として、
 とても残念に思います。
 医療事故情報センターは、
 弁護士の高橋智先生にご紹介していただきました
 このセンターニュースを、
 全国の大学医学部図書館に置いていただきたいです。
 できれば、
 全医療機関が購読していただきたいです
      ■         ■
 医療事故は、
 どこの病院でも起きています。
 交通事故と同じで、
 ある程度の頻度と確率で発生します
 品川美容外科以外にも、
 美容医療で健康被害が生じています
 由々しき事態です。
      ■         ■
 品川美容外科を女性13人が提訴
 …という2014年4月24日に院長日記でも取り上げています。
 私があえて、
 品川美容外科と実名のまま掲載したのは、
 品川さんにも読んでいただきたいからです。
 ここ数年で経営方針が変わったように感じます。
 この原告団の訴えに真摯に耳を傾け、
 被害者を一日でも早く救済していただきたいです

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ