医学講座

わかりやすい学会発表

 先週土曜日の第30回北日本形成外科学会学術集会
 34の一般演題の中で、
 私がいい発表だと感じたのが、
 市立札幌病院形成外科の三浦隆洋先生です。
 三浦先生は医師免許取得後3年目の若い先生です。
 発表内容も良く、
 パワーポイントの使い方が抜群でした
      ■         ■
  14.前立腺膿瘍から発症したと考えられる下肢ガス壊疸の1例
 三浦隆洋、堀内勝己、七戸龍司、川嶋邦裕、吉田哲憲
 (市立札幌病院形成外科)
 症例は糖尿病を有する75歳の男性。左下肢痛と敗血症で当院救命救急センターヘ搬送された。 CTで左下肢筋肉内の広範囲ガス像と前立腺膿瘍を認めた。当日、左大腿部切断、前立腺膿瘍ドレナージ、膀胱皮膚瘻造設術を施行した。入院時の培養検査ではクレブシエラが検出された。その後、化膿性脊椎炎を併発したが、抗生物質の投与で軽快し退院した。前立腺膿瘍から下肢ガス壊疸に至った症例は珍しく、発症原因、治療経過等について報告する。

      ■         ■
 上手な学会発表は難しいです。
 後ろの席の人にも、
 はっきりとわかるスライドを作るのは、
 卒後何十年もたった先生でも下手な人がいます。
 細かい字ばかりで、
 さっぱりわからないスライドもあります
      ■         ■
 発表原稿をそのままスライドにして、
 スライドを読むように発表する先生もいます。
 そんなスライドは後ろの人には読めません。
 発表内容を簡潔にまとめ、 
 理路整然と発表する能力が要求されます。
 そこにスライドの色使いとか、
 字の大きさや効果を入れると、
 聴衆を退屈させません。
      ■         ■
 三浦隆洋先生のパワーポイントは、
 まず見やすくわかりやすかったです。
 発表の進め方も上手でした。
 私が新人医師だった頃、
 一番指導が厳しかったのが、
 先輩の吉田哲憲先生でした
 てをにはの入れ方まで厳しく指導されました。
 私の想像では、
 三浦隆洋先生は天性の芸術性に加えて、
 市立札幌病院で厳しく指導された結果として、
 素晴らしい発表ができたのだと思います。
 これからも学会発表を続けてください。
 ありがとうございました。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ