医学講座

第37回日本美容外科学会(東京)④

 今回の第37回日本美容外科学会では、
 11のシンポジウムが企画されました。
 学会2日目9:00からのシンポジウム4はPRPです。
 自分の血から採った血小板を注射して、
 シワを取ったり若返りをする治療です。
 b-FGFが入ったフィブラストスプレーを混ぜると、
 劇的な効果が出ます
      ■         ■
 このフィブラストスプレーを混ぜることについて、
 積極的に治療をすすめる先生と、
 私のように超慎重で、
 今のところ絶対にしないという医師がいます
 良い結果だけを見ると、
 実にすごいと思います。
 問題なのは、
 注射後に予想以上に膨らんでしまったり、
 『しこり』が残る方がいることです。
      ■         ■
 膨らんでしまった方を、
 【簡単】に治す方法がありません。
 これが慎重派が使わない理由です
 b-FGFを入れるか入れないか?
 入れたものを使うのだったら、
 患者さんにはどう説明して、
 副作用にはどう対処するのか?
 学会として結論が出ることを期待していました
      ■         ■
 残念なことですが、
 今回の学会でも結論は出ませんでした。
 でも、
 とても良い発表がありました。
 福岡の飯尾礼美先生のご発表です。
 PRP+bFGF注入治療の副作用に関する検討
 飯尾形成外科クリニック
 飯尾礼美
      ■         ■
 飯尾先生は、
 2008年5月から6年間で、
 1000例以上の治療をされました。
 主な副作用は、
 注入後のふくらみです。
 添加するbFGFの濃度が濃いと、
 副作用が発現する率が高いそうです。
 先生ご自身の額に注射して
 注入後にどのような変化が出たか、
 電子顕微鏡まで使って見せてくださいました。
      ■         ■
 はっきり言って、
 飯尾先生なら
 安全に
 慎重に
 注射してくださると感じました。
 膨らんだ部分を、
 形成外科で切除することもあると思います。
 飯尾先生によると、
 出血や腫れが多いそうです。
      ■         ■
 私のところにもbFGF注射後の相談が来ます。
 申し訳ありませんが、
 注射してもらったクリニックに相談してください。
 当院では治療できません。
 …と回答しています。
 責任を持って治せないからです
 bFGFを使った治療を受けたい人や
 後遺障害で困っている人には、
 福岡の飯尾形成外科をおすすめします。
 信頼できる先生です

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ