医学講座

理想の医師

 増えてほしい苦労人の医師
 2009年3月25日の院長日記です。
 朝日新聞『声』の欄への投稿です。
 医師は医学部受験を勝ち抜いてきた
 「お坊ちゃま成功者」が多い。
 それでも、
 感受性の強い優しい人や
 挫折を乗り越えてきた苦労人なら、
 患者と共感できる医師になれる。

      ■         ■
 最近は医学部も女子が増えています。
 お坊ちゃま成功者だけではなく、
 お嬢さま成功者もいます。
 偏差値が高い人を否定するのではありません。
 現実問題として、
 小さい時から、進学塾に通い。
 名門校でもトップクラスの成績でないと、
 有名国立大学医学部に、
 現役合格はできません。

      ■         ■
 医師の仕事は、
 きれいな仕事ではありません
 便もみなくてはいけません。
 強烈な悪臭が大切な所見のこともあります。
 感染症を診なくてならないので、
 自分が感染してしまうこともあります。
 エボラ出血熱で亡くなった先生もいます。
      ■         ■
 収入が高いので、
 医学部に入ってお医者さんになろう!
 …と考えている受験生には、
 お医者さんはすすめません
 お金儲けをしたいなら、
 投資家をすすめます。
 私の高校の同期で、
 一番のお金持ちは社長さんです
      ■         ■
 お金持ちになりたい人に、
 美容外科医もすすめません
 苦労が多いです
 美容外科業界で一番所得が高いのは、
 美容外科チェーン店の経営者だと推測します。
 MBAを取得している人もいると聞きます。
 ただ経営判断を誤ると倒産の危機です
      ■         ■
 お金儲けが上手だった美容外科医もいました。
 TVでよく宣伝をしていました。
 その先生が手術をした患者さんを診ることがあります。
 ちまたのうわさとは逆で、
 わきが手術は上手だったと思います
 残念なことですが、
 脱税で医師免許を無くされました
 私は困っている人を助けるのが医師の仕事だと思います
 いい先生が増えることを願っています。

TEL 011-231-6666ご相談ご予約このページのトップへ